Creators Upadate 後コントロールパネルはどこへ?

Creators Upadate 後コントロールパネルはどこへ?

Creators Upadate 適用後の Windows10 でコントロールパネルを表示する方法について説明しました。アップデート後にコントロールパネルが表示できなくなった方はぜひご覧ください。簡単な設定ですぐ表示できるようになりますよ。

コントロールパネルは検索すると見つかります

Windows7 から Windows10 に移行すると設定のやり方が変わりますよね。スタートメニューにある[設定]から行うようになったわけですが、従来のコントロールパネルの方が慣れているので使いやすい方も多いはずです。ところが Creators Upadate 後に表示できなくなるんですよ。

そこで、どのように対応すればいいのか解説したので、参考にしてください。

Windows10 でもコントロールパネルは使える

Windows10 からパソコンに入門したという方は、あまり関係ないかもしれませんが、以前はコントロールパネルというものを使っていました。また、コントロールパネルを使わないと設定できない項目が多少あるので、全く使えないのは困るんですよ。

Windows10 スタートボタン右クリックメニュー

Windows10 でもスタートボタンを右クリックしてメニューを表示すると[コントロールパネル]というのがあったんですが、Creators Upadate 以後は上の画像みたいな感じで消えちゃったんです。しかも、このメニュー以外では、簡単な表示方法がないんですよね...。

ただし、まったく表示できないわけではないので、詳しいやり方を説明しますね。

具体的にどうやって表示する?

では、具体的にどうやれば表示できるかというと、[コントロールパネル]を検索して見つけるという方法を採ります。Cortana(コルタナ)に「コントロールパネル」というキーワードを探させるだけです。すると、コントロールパネルが表示されますよ。

Windows10 のコルタナでコントロールパネルを検索

とっても簡単ですね。ただし、見つからないものを検索するという発想にたどり着かないと、表示することは不可能かもしれないですね。今まであったものがなくなると混乱のもとなので、これはアップデート前にきちんと事前説明してほしい部分ではありますよね。

でも、現実問題としてコントロールパネルはメニューから消えてしまったので、それに合わせた対処をするしかないわけなんですよ。

もっと簡単にできないの?

さて、コントロールパネルはしょっちゅう使うものではないので、毎回検索してもいいんですが、人によってはすぐ使えないと困るという場合もあると思います。そこで、デスクトップにショートカットアイコンを作っておいて、いつでもすぐに表示できるようにしておきましょう。

コントロールパネルのショートカットアイコンを作成

画像の丸の部分をデスクトップに向かってドラッグ&ドロップすれば、ショートカットアイコンが出来上がります。あとは、アイコンの名前を「コントロールパネル」に変更してしまえば完了です。これで、いつでも簡単に表示できるようになって便利ですね。

まとめ

いかがでしたか?

当サイトは OneNote 専門なので一見関係なさそうな内容でしたが、Windows の設定をしなくてはいけないことがあるので、多少は関係があるんですよね。いずれにしても、これでコントロールパネルが表示できるので、Creators Upadate を適用した方はぜひ試してみてください。

以上、「Creators Upadate 後コントロールパネルはどこへ?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク

フォローする

関連ページ
スポンサーリンク