Lenovo X200 Tablet はどんなパソコン?

X200 Tablet

タブレットPCは少数派なので、どんな製品があるのか分かる方は多くないと思います。そこで具体的に製品をご紹介しています。今回は Lenovo Japan の X200 Tablet です。

拡張性の高かさが魅力の X200 Tablet

Lenovo といえば、結構昔から(古くは X41 Tablet の時代から)コンバーチブル型タブレットPCを作っていてなかなかの老舗です。さて X200 Tablet にはどんな特徴があるんでしょうか?

X200 の特徴とは?

このタブレットPCは2008年10月に発売されたモデルで、Core 2 Duo SL9300を搭載している世代です。かなり古いモデルですが、中古で見つけることができればかなり低価格で入手できます。(私は偶然通販店で見つけて、低価格だったので購入しました。)

スペックを簡単にまとめると

  • CPU:Core 2 Duo SL9300
  • 画面サイズ:12.1インチワイド(反転折り畳み式)
  • タブレット機能:デジタイザペンのみ(タッチは無し)
  • メモリ:2GB…最大8GB(DDR3)
  • HDD:160GB
  • 光学式ドライブ:なし
  • 拡張スロット:Expressカード54、SDカードスロット
  • OS:Windows Vista Business または Windows7 Professional)

こんな感じです。出荷時期によってCPU、HDD、OSは違います(タッチパネルの場合もあります)。この時代にDDR3を採用しているのが、大きな特徴ですね。

使ってみると?

私が買ったものは少し仕様が違っていて、SL9400にメモリが3GBで128GBのSSDを搭載しています。OSは中古販売用のWindows 7 Homeがインストール済みでした(タッチ機能はついていませんでした)。これで、19,800円だったと思うので安かったですね。

この状態で使うと、そこそこ使えます。ただ、SSDがそんなに速いモデルではなかったので、最新のものに交換したところ、かなり高速になりました。さらに、メモリ8GB+Windows8.1 Pro にしましたが、十分実用に耐えますよ。

また、メモリがDDR3なので十分低価格で入手できました。当時はメモリが高くてそこがネックだったかもしれないですが、逆に現在は安いメモリが入手できるわけなので助かりますね。

※現在最新のタブレットモデルはこちらの ThinkPad X1 YOGA です。

SSDへ交換する際の注意点とは?

もしSSDへ交換するのであれば注意してほしいことがあります。それは「マウンタ」です。もともとHDDが搭載されている場合はおそらく問題ないんですが、SSDを搭載しているモデルは要注意です。

というのも、このX200は1.8インチSSDを2.5インチサイズに変換してありました。なので、特殊な専用マウンタになっていて2.5インチの HDD や SSD を搭載することができなかったんです。

そこで、楽天で調べるとX200対応のLenovo純正マウンタを販売している店があったので、それを取り寄せてSSDに換装しました。なお、このマウンタは9.5mm厚のもので、X220世代以降のものは7mm厚のものだから、注意してくださいね。

たぶん Windows10 もイケます

試してないので何とも言えないんですが、Windows10を使うことはできると思います。というのも、HP2730pと同じ世代だからです。(⇒ HP2730p はどんなパソコン?を参照)メモリが高速な分、より快適かもしれないですね。

メモリを8GB、高速なSSDに 64bit Windows10 ならば現在でもかなりの戦闘力を誇るんじゃないでしょうか。また、指紋認証についてもHP2730pの記事を参照してもらえば、利用できるようになるでしょう。

X200でOneNoteを使うと?

Windows7 以上であればOneNoteが快適に使えると思います。Windows8.1 Pro でOneNote 2013を使いましたが、十分快適でしたよ。ペンを持った時の感触もよくて、ペンの使い心地も全く問題ありません。とても使いやすいですね。

あと、個人的な感覚の違いかもしれないんですが、Lenovo のタブレットはペンを使った時に紙に書いているときの感触にすごく近い気がするんです。基本的なシステムはどこのメーカーも同じはずなんですが、チューニングとか何か違うんでしょうかね?

すごく得しちゃいました♪

X200 Tablet を見つけてあまりの安さに「これだ!」と思わず買った感じなんですが、届いたものを見ると、外側はそこそこ傷がありました。「まあ、安いから仕方ないな」と思っていましたが、開けてみるとキーボードや画面はほとんど傷んでいなかったので驚きましたよ。

さらに、起動してみてびっくり。本来は64GBのSSDを搭載しているはずだったのに、容量を確認すると128GBのSSDだったので、これは得しましたね。なので、2度びっくりしたのを覚えています。ちなみに、実際使うときは外側は見えないから傷は全然気にならないんですよ。

※中古パソコンの購入については、こちらのお店が参考になりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

OneNote用のタブレットPCとして X200 Tablet をご紹介しました。この世代のパソコンでも少し手を入れればまだまだ使えます。単に動くというだけでなく、「使える」レベルなので、古いからといってバカにできませんよ。

マイナーなタブレットPCの中でも Lenovo はメジャーなほうなので、バッテリーなどアフターパーツも豊富です。なので、中古のタブレットPCを入手したいときは Lenovo がお勧めです。

以上、「Lenovo X200 Tablet はどんなパソコン?」と題してご紹介しました。

他のコンバーチブル型タブレットPCについても紹介しているので、ぜひ見てくださいね。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク