OneNote のコンテナが表示されない?

OneNote のコンテナが表示されない?

OneNote を使っていて気が付くと、「コンテナが消えた!」ということがありませんか? 普通そんなものが消えるなんて思わないから驚きますよね。そこで、原因が何なのかを説明するので、どうやったら元に戻るのか分かりますよ。

コンテナを元のように表示するには?

OneNote にコンテナが表示されるのは当たり前のことなので、「気づいた時には消えていた」なんてことがあるかもしれないですね。当たり前のものがないと不都合がなくてもなんだか変な感じがするので、元に戻しちゃいましょう。

なぜコンテナが消えたんだろう?

なぜコンテナが消えたか知りたいですか? う~ん、どうしても聞きたい? 実はよく分からないんですよ(汗)。パソコンのアプリはなぜか分からないけどトラブルが起きて、なぜか分からないけどいつの間にか直っていることもあるので、正直サッパリ不明なんですよ。

コンテナ

でも、何がどうなって消えたのかは分かっているので、そこはご安心を。それでは、この先どうすれば元に戻るのか具体的に説明していきますよ。

どうやったらコンテナが表示される?

コンテナが表示されていないのは、[オプション]の設定が変わったからなんです。自分で変えた覚えがない方もいると思いますが、[オプション]を確認すれば、間違いなく設定が変わってしまっているはずなんですよ。

具体的には以下のように確認します。

  1. 左上にある[ファイル]タブをクリック。
  2. 左メニューの一番下にある[オプション]をクリック。
  3. 上から2番目の[表示]をクリック。
  4. 下から2番目にある[ノートコンテナーをページに表示する]のチェックを確認。
    オプションのコンテナ設定
  5. チェックが外れていればクリックしてチェックを付ける。
  6. [OK]をクリック。

これで、設定が終了してコンテナが表示されますよ。

どうですか? 結構簡単でしょ。でも、なぜこのチェックが外れるのかは謎なんですよ。私の知る限りでは、チェックを外したのを忘れて「コンテナが消えた」と思い込んでいたという話は聞いたことがあるんですけどね。

オプション設定に問題ないんだけど?

オプション設定を確認して、[ノートコンテナーをページに表示する]のチェックが付いているのにコンテナが表示されない方がいらっしゃるかもしれないですね。実はその状況は結構深刻かもしれないんですよ。

というのは、オプション設定以外でコンテナが消えるということは通常では考えられないことだからなんです。だから、かなり高い確率でトラブルが発生しています。ちょっと直すのは難しいかもしれないんですが、ひょっとしたらうまくいくかもしれない方法をご紹介しますね。

修復機能を利用してみる

[プログラムのアンインストール]の一覧に Microsoft Office がありますが、名前をクリックして上の方にある[変更]ボタンをクリックします。すると、[修復]のダイアログボックスが開くので、そこで修復を試みます。

簡易的に修復を試みる[クイック修復]をまず試してみてください。ちょっとした不具合ならこれで治るはずです。もし、だめだったら[オンライン修復]を試してください。事実上の再インストールを行います。設定はそのまま残るので、そこは心配いりません。

ただし、[オンライン修復]は全部のファイルをダウンロードするのでそれなりに時間がかかりますから、余裕があるときに試すようにしてくださいね。

再インストールする

修復がうまくいかないときは、いったんアンインストールしてから再インストールします。これならまずうまくいくと思いますよ。完全に入れなおすんだから、間違いないです。

それでもうまくいかないときは?

さあ、困りましたね。修復や再インストールでもうまくいきませんでしたか? だとすると、OS つまり Windows がおかしくなっている可能性がありますね。その場合は、覚悟を決めてシステムのリカバリーをするしかないと思います。

ただ、これをすると趣味や仕事に差し障りがあると思うので、迂闊にできませんよね。どこかで時間を作って、勢いでやるしかないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、実際に受けた質問をもとにご紹介しました。コンテナみたいなものが消えるとは思ってないから気づかないで使っていることも多いかもしれないですね。もちろんなくても使えますが。困っている方のお役にたてれば幸いです。

以上、「OneNote のコンテナが表示されない?」と題してご紹介しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク