OneNote 同期エラーが出たときの対処方法とは?

OneNote 同期エラーが出たときの対処方法とは?

OneNote 同期エラーが出たときの対処方法について説明しました。同期に問題が発生してお困りの方はぜひご覧ください。パターン別にいくつかの解決方法をご紹介したので、どなたでも参考にしていただけると思いますよ。

OneNote 同期エラーとは?

OneNote ではまれに同期エラーが起こって、ノートの内容がうまく保存されないことがあります。普段通り使っていて同期エラーが発生した場合は、ほぼ間違いなくトラブルだと考えられます。ところで、同期は保存動作なので、すべての OneNote で起こり得る問題です。

したがって、すべてのユーザーが知っておくべきトラブルだと思います。今何も起きていなくても将来的に役立つかもしれないので、ぜひ目を通しておいてください。

OneNote 同期エラー解決方法のご紹介

OneNote の同期エラーにはいくつかのパターンがあるようなので、解決策も3つ紹介しました。共有ノートの場合とローカルで使っている場合では違うので、状況に合わせて試してみてください。

1.ネットワーク接続を確認する(共有)

まず試してほしいのが、ネットワーク接続の確認です。意外と多いのが、LANケーブルが抜けていて共有ノートにアクセスできないパターンです。もちろん、無線LANで接続できていない場合もありますね。ちゃんとケーブルが接続されているか、無線が受信できているかチェックしましょう。

物理的に問題がなければ、エクスプローラーなどでネットワークを一覧してLAN接続ができているか確認しましょう。コンピューターが一覧されなければネットワークの問題なので、まずはそこの解決が必要になります。解決方法は趣旨が変わってくるので、ポイントだけ説明します。

  1. ケーブルが断線していないか?
  2. ネットワーク機器の電源が入っているか?
  3. ハブが故障していないか?
  4. 無線のアクセスポイントが故障していないか?
  5. ネットワークの設定が正しいか?

必ず、上記のような基本的なことをチェックしてみてください。これだけでも十分情報が得られるはずですよ。

2.同期を手動で行ってみる(共有)

次に試してほしいのが、同期を手動で行う方法です。この方法なら同期状態を確認して、未同期であれば手動で同期してしまうことが可能です。やり方は以下の通り。

  1. 同期できていないと思われるノートのタブを右クリック。
  2. ショートカットメニューの[ノートブックの同期状態]をクリック。
    ショートカットメニュー ノートブックの同期状態
  3. [共有ノートブックの同期]ダイアログが表示される。
    共有ノートブックの同期
  4. [前回の同期]の時刻をチェックして同期の有無を確認。
  5. 未同期なら[今すぐ同期]のボタンをクリックして手動で同期。
  6. ダイアログを閉じて、ノートの状態を目視で確認する。

たいていの場合はこれで問題なく同期されると思います。もし、[共有ノートブックの同期]ダイアログで[手動で同期する]にチェックされている場合は、[変更があったときに自動的に同期する]にチェックを切り替えてください。

3.セーフブートを使ってみる(共有・ローカル)

最後にセーフブートを使う方法をご紹介します。セーフブートは、OneNote の起動方法を選択できるダイアログが表示されるものです。ダイアログの中に[ノートブック キャッシュの削除]があるのでこれを使います。キャッシュを削除するとうまくいくことが多いようですよ。

  1. スタートメニューの検索ボックスなどで「onenote /safeboot」と入力。
    OneNote セーフブート
  2. [Enter]キーを押して OneNote をセーフブートする。
  3. [OneNote の起動方法を選択してください。]ダイアログが表示される。
    OneNote の起動方法を選択してください。
  4. [ノートブック キャッシュの削除]をクリックすると OneNote が起動する。

なお、OneNote 起動直後はこれまで開いていたノートブックがすべて消えています。きっとびっくりしてしまうと思いますが、ご安心を。これは、ノートブックが削除されたわけではなく表示されていないだけなので、使いたいノートを一つ一つ自分で開き直してください。

ところで、[OneNote の起動方法を選択してください。]のダイアログは、[キャンセルして閉じる]とした場合、次回起動時に再び表示されます。トラブルがない状態で試に表示してみた場合などは、[通常どおり起動]をクリックすることで、元通りになりますよ。

それでもダメなときは?

これらの方法でもダメなときは、OneNote(Office)自体の修復や再インストールが必要かもしれません。さらに、修復等を行ってもダメだった場合は、Windows そのものに何かトラブルが起こっている可能性も否定できません。こうなると、OS をリカバリーするしかないかもしれませんね。

他のアプリが OneNote の動作をじゃましていることも考えられなくもないんですが、可能性としては低いと思います。どうしてもうまくいかないときは、いろいろ悩むよりも OS から入れ直してしまうのが一番確実で早いかもしれませんね。(←できるだけやりたくはないですけどね。汗)

まとめ

いかがでしたか?

OneNote の同期エラーについて説明しました。同期エラーはめったに出ることが無いので、ほとんどの方には関係ないと思うんですが、それでもお困りの方は想像以上にいらっしゃるようです。マイクロソフトも認識しているようで、最新の状態にアップデートするように呼びかけています。

つまり、OneNote(Office)が最新であれば起きる可能性は極めて低いということなので、メンテナンスを怠らないというのが、一番の予防策になるのではないでしょうか。OneNote の知識も大事ですが、パソコンそのものの知識も習得するように心がけてくださいね。

以上、「OneNote 同期エラーが出たときの対処方法とは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク

フォローする

関連ページ
スポンサーリンク