OneNote と Evernote の違いとは?

OneNote と Evernote の違いとは?

OneNoteEvernote を比べられる方は多いですよね。どちらがいいのか、どちらが優れているのかという話だとなかなか決着がつけられないと思います。そこで、どちらがどんな用途に向いているのかを考えてみましたので、あなたの使い方に合う製品が分かりますよ。

OneNote と Evernote の特性を理解する

このページをご覧になっているということは、きっと Evernote のユーザーで OneNote について調べている方だと思います。ひょっとして OneNote への乗り換えを検討していらっしゃいますか? このページは、そんな方にピッタリな内容になっていますよ。

OneNote への乗り換えを検討されている方へ

Evernote から OneNote への乗り換えを検討されている方が随分と増えているようですね。せっかく Evernote を使われているのになぜでしょうか? OneNote への便利な移行ツールが公開されたからといっても何の魅力もなければ乗り換える必要はないですしね。

では OneNote のほうが優れているから? Evernote は世界中に相当ユーザーがいるアプリなので、そういうわけでもなさそうです。どうやら、ライセンスが変わることでそのあおりを受けている方が多いようなんです。あなたもそうですか?

有料版は価格が上がってしまい、無料版でも使用に関して今までとは違う制限事項ができてしまうみたいですね。そのため、今のうちに OneNote に乗り換えてしまおうと考えている方が少なからずいらっしゃるようです。

私個人としては OneNote を多くの方に使っていただくのはうれしいんですが、今まで使っていたものを手放すというのは、それなりの覚悟が必要な大きな決断だと思うんですよ。だから、後悔することの無いようにこのページで OneNote への理解を少しでも深めてほしいんです。

とはいえ、実は私 Evernote のことはよく分かりません(汗)。なので、OneNote ではどんなことができるのかを中心にご紹介します。そもそも、Evernote のことはあなたが一番よく分かっていらっしゃるでしょうから、中途半端な説明は必要ないですよね。

どっちが優れている?

Evernote と OneNote のどちらが優れているのか気になりますよね。でもですね、これは難しい問いです。例えば、「ミニバンとスポーツカーはどちらが優れているのか?」と聞かれて答えられますか? つまり、用途が違うので比べられないんですよ。

なので、どちらが自分に向いているのかを考えて合っていると思う方を使えばいいと思うんです。誰かに強制されるわけでもないから、好きなものを選ぶもよし、使いやすそうなものを選ぶもよし、なんとなく選ぶのでも全然かまわないと思いますよ。

OneNote の特徴と用途とは?

まずは、OneNote の特徴をご紹介します。OneNote は紙のノートをかなり忠実に再現しているので、極端な言い方をするとノート以上のことはできません。なので、紙のノートを使いこなしている方は、OneNote をとてもうまく使うと思います。

ようするに、OneNote を便利にするのも不便にするのも使い手次第ということになります。この点は、いろいろな機能が用意されている Evernote と大きく違うところだと思います。でも逆に言えば、アイディアの見せ所といえるかもしれないですね。

また、紙のノートを忠実に再現している点から、デジタイザペンとの相性は抜群です。お世辞抜きで、これほどペンの能力を引き出せるアプリに出会ったことは、ないかもしれませんね。なので、OneNote はぜひタブレットPC で使ってほしいと思います。

次に用途ですが、ノートを共有して使うことに非常に向いています。なので、単純には複数人で使う方がより OneNote の能力を引き出せます。これを応用すれば、1人でもクラウドで使うことができますが、やっぱり複数人での共有が面白くて便利です。

つまり、個人向き(趣味用)というよりも法人向き(仕事用)といえると思います。OneNote は Microsoft Office の仲間だから、まあ当然といえば当然かもしれませんが。

Evernote の用途とは?

Evernote については、先ほどもお話ししたとおり私がよく分かっていませんので、表面的なお話しかできないところは、ご容赦いただきたいと思います。私の浅い知識で知る限りでは、Evernote は個人向きの傾向が強いように感じました。

便利な機能がいくつかあり、情報を整理する機能があらかじめ用意されているように思います。また、インターネット環境が前提にあるような作りみたいなので、スマホアプリっぽい手軽な感じがあるように感じますね。こういったところも個人向きな印象を強めています。

なので、自分独自の情報整理術を持っていない方や、整理が苦手な方の手助けになるのが Evernote なのかなあと思いました。あくまで個人的な印象だとこんな感じです。ところで、詳しいあなたにお尋ねしますが、これで合っていますか?

どちらがあなた向き?

なんとく答えが見たような気がしますが、OneNote は法人中心で Evernote は個人中心と考えていいんじゃないでしょうか。OneNote は何も決まっていない分極めて自由度が高いですし、Office アプリなので LAN 内だけで使うことができるのも法人向けに重要です。

インターネット接続が厳しく制限されている職場も多いので、LAN で共有(ファイルを社内サーバーに保存するという意味)できるという点は法人向けとしてはとても重要なんですよ。だから、その点だけを見ると Evernote は分が悪いように感じますね。

ところが、個人で使用することを考えると、インターネット接続のほうが簡単でバックアップの必要もなさそうなので、Evernote のほうが便利に使えますね。整理が苦手な人でも簡単に情報を整理できるような機能もあるようですし。

法人向けの OneNote と個人向けの Evernote と考えると一番しっくりくるような気がします。先ほども触れましたが、LAN しか使えない職場が少なくないし、しかも法人だとコンバーチブル型のタブレットPCが導入されている場合もありますしね。

逆に OneNote はインターネット接続を OneDrive のようなクラウドディスク経由でしか使えないので、そういった環境では Evernote のほうが便利でしょうね。なので、個人的に使うのか、社内で共有して使うのかでどちらが自分向きかが見えるんじゃないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?

単純に機能だけを見ると Evernote のほうができることが多そうですね。ただ、OneNote の場合は Office との連携がしやすいし、法人で Office をライセンス契約していると元からパソコンに入っていることも多いので、やはり仕事では OneNote かなあという感じですね。

Evernote ユーザーのあなたが OneNote に興味を持たれたのもきっと何かの縁ですので、本サイトで OneNote の機能についていろいろ知識を得てください。もちろんどちらにしようか迷っている方も、本サイトをうまく役立てて、使うアプリを決めてくださいね。

以上、「OneNote と Evernote の違いとは?」と題して拙い知識ですが、ご紹介しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク