OneNote で原稿用紙を再現するには?

OneNote で原稿用紙を再現するには?

OneNote原稿用紙を再現する方法を説明しました。OneNote を原稿用紙代わりに使いたい方に適した内容になっています。どのようにすれば原稿用紙の代わりにできるのか、複数のやり方を詳しく説明しているからです。

OneNote で原稿用紙を再現する意味とは?

OneNote を使っていると、「原稿用紙を再現できないかなぁ…。」と思われる方は、少なくないようです。あなたも、そう思われたからこのページをご覧になっていると思いますが、OneNote を原稿用紙のように使えれば、確かに便利ですよね。

ところで、わざわざ OneNote で原稿用紙を再現するということは、手書きするということではないでしょうか? なぜなら、原稿用紙の印刷だけであれば、Word でできますからね。そこで、どうすれば原稿用紙が再現できるのか、方法をご紹介しましょう。

OneNote で原稿用紙を再現するときのポイント。

それでは、OneNote で原稿用紙を再現するときの、ポイントを説明します。簡易的な方法と、本格的な方法の2通りを説明しましたので、ご自分の使い方に適した方法を試してください。

OneNote の罫線機能を利用する方法。

簡易的なやり方として、OneNote の罫線機能を利用する方法があります。ただし、こちらは厳密な言い方をすると、原稿用紙というよりは方眼用紙になります。したがって、文字を書くときにガイド的な、単純な枠がほしいという場合に適しています。やり方は次の通りです。

  1. メニューの[表示]タブをクリック。
  2. [罫線]の文字の部分(下半分)をクリック。
    罫線ボタン
  3. 一覧から任意の[方眼線]を選択。(小・中・大・特大とあります。)
    OneNote 罫線の表示
  4. ページが方眼用紙のような表示になる。(画像は[中方眼]です。)
    罫線 方眼線

これで、方眼用紙のようになったので、原稿用紙の代わりに使うことができます。手書きのためであれば、これでも十分役割を果たすと思いますよ。

テンプレートで忠実に再現する方法。

原稿用紙を、テンプレートで忠実に再現する方法をご紹介しましょう。こちらは、マス目のデザインが完全に原稿用紙を再現していますよ。なお、テンプレートは OneNote に入っていないので、マイクロソフトの公式サイトからダウンロードします。手順は以下の通りです。

  1. Office の公式サイトへアクセス。
  2. ダウンロードボタンをクリック。
  3. zip 形式のファイルがダウンロードできる。
  4. ダウンロードが終わったらzipを展開する。
    ※[原稿用紙型ノート]というフォルダが作成されます。
    原稿用紙テンプレートのzipファイル
  5. OneNote のノートブックをダブルクリックして開く。
    ※どちらのファイルを開いても同じです。
    原稿用紙ノートブックのテンプレートファイル

これで原稿用紙が開けました。どうですか? たったこれだけで、原稿用紙が手に入りますよ。ちなみに、このテンプレートは特別なことをしていません。原稿用紙の画像を貼り付けて[画像を背景に設定]を有効にしているだけです。

※ダウンロードは、こちらの公式サイトからどうぞ。

参考:原稿用紙を自分で作るには?

参考までに、原稿用紙を自分で作る方法をご紹介します。ただし、こちらの方法は、Word が必要になりますので、お持ちでない方は利用できません。なお、原稿用紙が印刷できるアプリがあれば、代用は可能です。

流れとしては、Word で原稿用紙を作った後に、それを画像化して OneNote に貼り付けるというものです。こうすることで、原稿用紙テンプレートを自作できます。

Word で原稿用紙を作成する手順。

最初に、Word で原稿用紙を作成します。

  1. Word を起動し、[白紙の文書]を新規に作成する。
  2. メニューの[ページレイアウト]タブをクリック。
  3. [原稿用紙設定]をクリック。
    Word 原稿用紙設定のボタン
  4. 原稿用紙設定ダイアログが表示される。
    Word 原稿用紙設定
  5. 「スタイル」を[マス目付き原稿用紙]に切り替える。
    Word マス目付き原稿用紙
  6. 用途に応じて、「印刷の向き」を変更する。([横]で縦書きになります。)
    Word 原稿用紙の向きとヘッダーフッター
  7. 「ヘッダーとフッター」を適宜切り替える。(マス目以外の情報が設定できます。)
  8. 右下の[OK]をクリック。
  9. 原稿用紙が表示される。
    Word で作成した原稿用紙

これで、原稿用紙が作成できました。次は、OneNote に原稿用紙を貼り付けます。

OneNote に原稿用紙を貼り付ける手順。

続いて、OneNote に原稿用紙を貼り付けます。

  1. OneNote を起動して、テンプレート用のノートを用意する。
  2. Word でプリンターを OneNote に切り替えて印刷。
    OneNote に印刷
  3. OneNote のノート選択画面で、先ほどのテンプレート用ノートを選ぶ。
    OneNote 印刷先
  4. 原稿用紙がノートに印刷される。(画像が貼り付く。)
    原稿用紙の画像
  5. 原稿用紙の画像を右クリックして、[画像を背景に設定]を有効にする。
    画像の設定

これで、原稿用紙のテンプレートを自作できました。

原稿用紙に、手書きするときのポイント。

原稿用紙に、手書きするときのポイントをご紹介しましょう。方眼設定や原稿用紙を使った時に困ることは、マス目が小さいことではないでしょうか。方眼の場合は、大小さまざまなサイズがあるので調整ができますが、原稿用紙の場合は画像なのでそうもいきません。

そこで、使ってみてほしいのが、ズーム機能です。ズーム機能を使えば、自在に拡大表示ができるので、好きな大きさで手書きができます。やり方はとても簡単ですよ。

  1. メニューの[表示]タブをクリック。
    表示メニューのズームグループ
  2. ズームグループの[画面表示拡大]のボタンか、パーセント表示を切り替える。

これで、拡大表示できるので、手書きがとても楽になります。書き終わったら、100%に戻しておけば、いつもの表示サイズになりますよ。

まとめ:方眼線と原稿用紙は、使い分けると便利です。

いかがでしたか?

OneNote で原稿用紙を再現する方法を説明しました。方眼線で代用する方法と、テンプレートを利用する方法を紹介したので、うまく原稿用紙を再現できたのではないでしょうか。また、おまけとして、原稿用紙テンプレートを自作する方法も紹介しました。

手書きのガイドとしての枠であれば、方眼線の方が良いですよ。後から簡単に消すことができますからね。また、手書き文書を印刷まで考えているのであれば、原稿用紙の方が格好がつきますね。このように、用途に応じて使い分けていただければ便利ですので、お試しください。

以上、「OneNote で原稿用紙を再現するには?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク