OneNote の背景に色や画像を設定するには?

OneNote の背景を設定するには?

OneNote背景を設定する方法を説明しました。OneNote に背景色や背景画像を設定したい方に適した内容です。ページの背景に関する設定方法だけでなく、本来は設定できない黒色を背景にする方法も説明したからです。

OneNote の背景に色や画像を設定する意味とは?

OneNoteを使っていると、「ページ(ノート)の背景色や背景画像を設定できないだろうか?」と疑問を持つことがありますよね。確かに、背景の設定が変更できれば、いろいろなことが出来そうですからね。ところで、背景を設定する意味とは何でしょうか?

それは、文字を見やすくしたり、華やかにして格好の良い資料を作ったりしたいと思っている、ということではないでしょうか。ところが、背景に設定できる色は決まっていて、バリエーションが少ないんです。特に、背景に黒のような濃い色の設定が全くできないんですよ。

そこで、既定の色の設定方法だけでなく、本来は設定できない色を工夫によって設定する方法も、ご紹介しましょう。

OneNote の背景に色や画像を設定するときのポイント。

それでは、OneNote(ページ)の背景を設定するときのポイントを説明します。

背景はどこで設定できる?

まず、背景はどこで設定できるのか説明します。背景は、[表示]タブを開くとある、[ページ設定グループ]で設定できます。

表示のページ設定

画像にあるように、[ページの色]、[罫線]、[ページタイトルの非表示]、[用紙サイズ]などといったボタンが並びます。このうち、背景に関係があるのは[ページの色]と[罫線]です。

背景の色を変更するには?

背景の色を変更するには、[ページの色]を使います。手順は次の通りです。

  1. 背景の色を変更したいノートブックを開く。
  2. メニューの[表示]タブをクリック。
    表示のページ設定
  3. [ページ設定グループ]の[ページの色]をクリック。
    表示のページ設定 色
  4. 好きな色を選びクリック。
  5. ページの色が変わる。

これで、ページの色、つまり背景の色が変更できました。なお、似たような薄い16色しかありませんので、この中から選ぶしかないですね。おそらく、ページに記入したものの邪魔をしないようにという、配慮なんでしょうね。

背景に画像を設定するには?

続いて、背景に画像を設定する方法を説明します。まず、「背景に画像を挿入する」という設定自体はありませんので、手作業で設定します。大まかな流れは、画像を好きなところに置き、そこで背景に設定するという機能を使います。詳しい手順は次の通りです。

  1. 背景に設定する画像を用意。(jpeg、pngなど一般的な画像なら何でもOKです。)
  2. 画像を背景に入れたいノートブックを開く。
  3. ノートブックの任意の位置に、画像を貼り付け。
    背景画像
  4. 画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
    画像の設定
  5. メニューの[画像を背景に設定]をクリック。
  6. 設定完了。

これで、背景に画像が設定できました。なお、画像を背景に設定すると、クリックしても反応がなくなります。テキスト入力や手書き入力などにも全く影響しません。

設定を解除したい場合は、画像を右クリックして、メニューの[画像を背景に設定]をもう一度クリックしてください。チェックマークが消えて、設定を解除できます。

背景を黒にすることはできるのか?

さて、背景を黒にすることはできるんでしょうか? 色の設定からはできませんが、工夫することで背景を黒にすることは可能です。どうするのかというと、黒い画像を用意して貼り付けるという方法を採ります。先ほどの、背景に画像を設定するやり方が使えます。

  1. 背景に設定する黒い画像を用意。
  2. 背景を黒くしたいノートブックを開く。
  3. ノートブックの任意の位置に、黒い画像を貼り付け。
    背景の黒い画像
  4. 画像を右クリックして、ショートカットメニューを表示。
    画像の設定
  5. メニューの[画像を背景に設定]をクリック。
  6. 設定完了。

これで、背景を黒くできました。黒い画像は、黒くしたい範囲の分だけの大きさが必要です。部分的なら小さい、全体なら大きい画像が必要ということですね。もちろん、他の色の画像を用意すれば、赤色でも青色でも黄色でも設定できますよ。

OneNoteを使用している方の中には、少なからず背景を黒にしたい方もいらっしゃるようですので、別項目で説明しました。もちろん、黒い背景のままでは文字が黒いので見えません。必ず、文字色は白にしてくださいね。

黒い背景に白い文字

このような、『黒背景に白文字』という色の組み合わせは、老眼が進んだお年寄りが見やすい色設定です。OneNoteに限らず有効ですので、参考にしてみてください。

背景に罫線を表示するには?

背景に罫線を表示する方法を説明します。背景には色や画像だけでなく、罫線も設定できます。具体的な設定方法は、次の通りです。

  1. [表示]タブを開き、[罫線]ボタンの下側をクリック。
    罫線ボタン
  2. 罫線ダイアログが表示される。
    OneNote 罫線の表示
  3. [罫線]と[方眼]から好みのものをクリック。
  4. 設定終了。

これで、罫線が設定できました。なお、いったん罫線を設定した後であれば、罫線ダイアログで罫線の色が設定できます。また、今後作成するページを常に罫線付きにしたい場合は、[新しいページを常に罫線付きで作成する]にチェックを付けてください。

※背景を原稿用紙のようにしたい場合は、以下のページを参考にしてください。

OneNote で原稿用紙を再現する方法を説明しました。OneNote を原稿用紙代わりに使いたい方に適した内容になっています。どのようにすれば原稿用紙の代わりにできるのか、複数のやり方を詳しく説明しているからです。

Office 全体の背景を設定するには?

Office 全体の背景を設定する方法をご紹介します。今回の趣旨とは少しずれますが、Office には、背景の設定ができるオプションがあります。これは、メニュー部分からウィンドウ枠にかけて色と柄を設定できるものです。やり方は次の通りです。

  1. メニューの[ファイル]をクリック。
    ファイルタブ
  2. 左下にある[オプション]をクリック。
    OneNote オプション
  3. [基本設定]の[Microsoft Office のユーザー設定]を見つける。
    OneNote オプション ユーザー設定
  4. [Office の背景]で柄が、[Office テーマ]で色が設定できる。
  5. それぞれ任意で設定し、右下の[OK]をクリック。
  6. 設定完了。

オフィス全体の背景色

これで、Office 全体の背景が設定されました。なぜ「全体」と表現しているかというと、この設定はOneNoteだけでなく、他の Office アプリ(Word、Excelなど)と共通の設定だからです。ページの背景が設定されるわけではないですが、同じ『背景』なので紹介しました。

まとめ

いかがでしたか?

OneNoteの背景を設定する方法を説明しました。どこで設定できるか、色を変更、画像を設定、黒にする、罫線を表示、Office 全体の背景、の6つのポイントで説明しましたので、理解していただけたのではないかと思います。

OneNoteは基本的に電子ノートなので、紙を限りなく忠実に再現しています。したがって、背景に設定できる色は、薄くて目立たないものになっています。テキストや手書き文字といった、メインの内容の邪魔をしないようにという、配慮の意味もあるようです。

したがって、好きな背景色にする場合は、色を塗った画像を自作し利用してください。これで、カラフルな背景のOneNoteにできますよ。

以上、「OneNote の背景に色や画像を設定するには?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク