OneNote はいらないという方へ

OneNote はいらないという方へ

OneNote を使ってみてあまりお気に召しませんでしたか? 使うかどうかは個人の勝手なので自由にすればいいんですが、もし何か勘違いされているのだとしたら、それはとてももったいないことです。「いらない」と言う前に、私の話に少しだけお付き合いいただけませんか?

改めて概念を理解してみませんか?

OneNote で一番厄介なのは、これまでに類を見ないアプリなので、どうしても概念の理解に苦しむところです。概念が分からないと、面倒くさくなって面白みが感じられず、結果として「別に OneNote はどうでもいい」と思ってしまうんですよね...。

OneNote は理解しにくい

OneNote は Word や Excel と違って概念が理解しにくい部分がありますよね。特に保存という概念がないところが一番分かりにくいと思います。最初に名前を付けて保存した後は、ずっと勝手に『同期』という作業で記録していきます。

だからこれまでのアプリとは全く違う概念なのでよく分からないんですよね。そうなるとなんだか使う気が失せてきて「まあ、別にいいや」みたいになっちゃうと思います。

そんな方は以下の記事を読んでみてください。少なくとも OneNote における保存という概念については理解できるはずです。

OneNote は保存という概念を持たず、『同期』という方法を使って情報を記録します。今までのアプリとは違った概念なので、なかなかピンときませんよね。そこで、同期とはいったい何をしているのか、分かりやすく説明します。

同期という概念のほうが実は使いやすいことが分かりますよ。

OneNote は使いにくい

最初に起動すると真っ白なノートがあるだけなので、どうやって使ったらよいのか全然見当がつかないと思います。これはですねぇ、最初私もそうでしたよ(笑)。ここを越えられると確実に使えるようになるんです。

とりあえずテンプレートを使ってみるとか、何かしらの事例みたいなものを見ればなんとなくイメージがわくと思います。とりあえず以下の記事を読んてみてください。使えそうなテンプレートがあるかもしれませんよ。

OneNote は真っ白なノートしかないので、どうやって使ったらいいかわかりにくいですよね。でも、テンプレートを使えば枠や文字などがある程度入っているので、使い方が少し分かります。そこで、テンプレートについてご紹介します。

使い方は簡単なので、ぜひ試してみてください。

また、OneNote が『使いにくい』と思ってしまう理由について分析した記事が以下にありますので、こちらも目を通してみてください。

あなたは OneNote に触れてみてどう思いましたか? おそらくほとんどの方は「これどうやって使うんだ?」と思われたことでしょう。そこからもう一歩踏み込めばかなりおもしろくなるんですが、そこまで行けなかった方のために使い方を解説します。

きっと何かしらのヒントになりますよ。

マイクロソフト製品だからイヤだ

さすがにマイクロソフト製品だからイヤだと言われるとどうしようもないですね(笑)。しかし、私もここで引き下がるわけにはいかないので(笑)ちょっと言わせていただきますよ。

正直言って私もマイクロソフトが大好きというわけではないんです。でも、Word や Excel は仕事用のアプリとしてデファクトスタンダードですからやらないわけにはいかないですね。ところが、OneNote というアプリはちょっと毛色が違うんですよ。

使い方が理解できると、本当に手放せなくなるんです。言い方が悪いかもしれませんが、「マイクロソフトやるじゃないか!」と見直すことは間違いないですよ。食わず嫌いみたいなことを言わず、ぜひ試してみてほしいです。無料版もあることですからね。

※ちなみに、無料版に関してはこちらが参考になりますよ。

Windows10で無料版のOneNoteを使う方法を説明しました。Windows10に無料版のOneNoteをインストールしたい方に適した内容です。普通は簡単ではないWindows10へのインストール方法を中心に詳しく説明しました。

OneNote を必ずしも使う必要がない

確かに、OneNote を使わなくてもパソコンが使えますね。でも、一度使ってしまうと簡単には手放せないある種の中毒性があるといえるくらいのアプリです。実際に使ってもらうしかその素晴らしさは伝わらないとは思うんですが、以下の記事を読んでもらえませんか?

OneNote は、これさえあれば何もいらないと思えるほど非常に優れたソフトウェアです。では何がそんなに素晴らしいんでしょうか? 実際に使っている筆者ができるだけ分かりやすく説明しました。

多分、少しぐらいはどんなアプリなのか伝わるはずなので、「使ったほうが仕事がはかどるかも?」と思ってもらえるんじゃないでしょうか。

OneNote 以外にも使えるアプリがある

おそらく競合製品である EverNote のことだと思うんですが、一度 OneNote を使ってみませんか? EverNote からの移行ツールもマイクロソフトより提供されていますから、移行作業も簡単になっていますよ。詳しくは以下のサイトを見てください。

Evernote のコンテンツを OneNote にインポート(←マイクロソフト公式サイトです)

私が OneNote を長年使った限りでは、確実に仕事を楽にしてくれます。Windows 系で仕事をしていらっしゃる方なら OneNote を使いこなしたほうが確実に仕事がはかどります。きっと「OneNote も結構いいじゃん!」と思いますよ。

まとめ

いかがでしたか?

OneNote はしょせんただのノートアプリです。これ自体で何かできるわけではないんですが、当サイト『OneNote 辞典』を参考にしてもらえばきっと良さが分かってもらえるはずです。使わないともったいないので、使ったことがない方はぜひ試してみてくださいね。

以上、「OneNote はいらないという方へ」のメッセージでした。少しでも OneNote に興味を持っていただけたらとてもうれしいです。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク