OneNote の強力な検索機能を使う

OneNote の強力な検索機能を使う

OneNote を便利に使いたいですか? だったら検索機能の使用をお勧めしますよ。OneNote の検索機能はとても強力なので、かなり使える機能なんです。このページを読んでいただければ、検索機能で OneNote がさらに便利になることが分かりますよ。

検索機能を使いこなそう!

OneNote を使う上で忘れてならないのが検索機能です。OneNoteにはとても強力な検索機能が付いているので、これをうまく使いこなせば利便性が驚くほど高くなるんです。だから、ぜひこのページで検索機能を学んで有効活用してくださいね。

OneNote の検索機能とは?

OneNote の検索機能はとても簡単な使い方で利用できます。ノートブックの右上のほうにある検索ボックスにキーワードを入れるだけです。厳密にいうと、どこを検索するのか範囲の指定はあるんですが、細かいオプション指定はないんですよ。

検索ボックス

なので、とても簡単に検索ができます。当然、キーワードを入れるわけなので、文字を検索します。OneNote はノートアプリなので、文字検索を活用すればメモを後々見つけやすくなり、ノートを活用しやすくなるんですね。

具体的には、キーワードを入れて検索すると、キーワードの含まれるページがすぐ見つかります。そして、見つかったページを確認すれば、調べたかった情報が簡単に手に入るんです。これができるおかげで、メモした内容を後から活用しやすいんです。

でも、あまりにも簡単なので「検索機能が弱いんじゃないか?」と思っちゃいますが、全然そんなことはないんです。むしろとても強力な検索能力があるんですよ。では、実際どんなところが強力なのか順を追ってお話ししていきますね。

手書き文字も検索できる

検索機能を使えば、文字検索ができるというのは分かると思います。では、手書き文字はどうなるんでしょうか? 実は、手書きも文字として認識するんですよ。なので、後からちゃんと検索して重要なメモを探すことができるんです。

どうすれば文字として検索されるのかというと、特に何もする必要はないんです。ただ普通にペンで文字を書いて、その文字をキーワードとして検索ボックスに入れて検索するだけなんです。だから、普通のテキストと何も変わらないんですよ。

検索結果

ただ、手書き文字の検索は残念ながら100%確実ではないんです。基本的には文字の特徴をしっかりとらえていれば問題ないはずですが、手書きは人それぞれ癖が出るので、完璧はなさそうです。なので、キーワードをノートの隅にテキスト入力するのも一つ手ですよ。

ちなみに認識されやすい文字は、きれいな字というより特徴をよくとらえていることが大事みたいですね。具体的には、本来つながっているべきところはちゃんとつなげるとか、逆に離れているところはきっちり離すなどが必要だと思いますね。

※参考ページ

OneNote はタブレットで手書きすると非常に便利だということはご存知の方も多いと思いますが、実際に使ってみると戸惑うこともありますよね。そこで、いくつかのポイントを解説しますので、手書きのコツがよく分かりますよ。
OneNote でペンを使おうと思っていますか? タブレットPCと組み合わせてデジタイザペンを使う方法について説明しているので、このページを読んでもらえば OneNote でのペンの使い方が分かりますよ。

画像内の文字も検索できる

手書き文字が検索できるだけでもかなり強力ですが、なんと画像内の文字も検索できるんですよ。これは何を意味しているかというと、OneNote には文字読み取り技術の『OCR』の機能があるということなんです。だから、手書きも文字として認識できるんですね。

ちなみに、画像内の文字についても特になにか設定する必要はないんです。単純に検索ボックスにキーワードを入れて検索するだけなんです。すると、貼り付けてある画像にキーワードが含まれている場合、その部分が反転表示になりますよ。

さすがに画像の文字が検索されると、ちょっと驚きますよね(笑)。

※ただし、画像によっては全く検索に反応しない場合があるので、過度の信用は禁物ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

OneNote でメモを取ることの大きなメリットは、後から見返しが簡単にできることです。その時に検索を有効活用することで、大事な知識という財産を簡単に見つけることができるんですね。なので、遠慮せずじゃんじゃん OneNote にメモを取ってくださいね。

以上、「OneNote の強力な検索機能を使う」ときのポイントをご紹介しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク