OneNote のマーカーで直線を引くには?

OneNote のマーカーで直線を引くには?

OneNoteマーカーで直線を引く方法を説明しました。蛍光ペンでまっすぐな線を書きたい方はぜひご覧ください。簡単な設定で直線が描けることを解説しただけでなく、線をまっすぐにするためのちょっとしたコツについても紹介しました。

図形を利用するとまっすぐな線が引けますよ

OneNote でマーカーのような線を引こうとして蛍光ペンを使うと、どうしてもうねってしまって直線になりませんよね。「分かればいいからこれで十分」という方もいれば、「神経質な私には耐えられない!」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、マーカーで直線が引ける方法をご紹介します。簡単に直線が描けることが分かりますよ。

OneNote でマーカーを使うのは難しい?

OneNote にはマーカーとして使える『蛍光ペン』という機能があります。通常のペンから蛍光ペンに切り替えて描くと、薄く透けるようになっているので、本にマーカーで線を引いたような状態を作り出せます。ベタ塗りにならないから、他にも用途がありそうな機能ですよ。

蛍光ペン

ところで、OneNote はデジタイザペンを利用して使うと、すべての能力が引き出せるようになっています。なので、本来蛍光ペンは手書きで使用する方が使いやすいんですよ。そのため、マウスで線をまっすぐ引こうとすると、どうしてもうまくいかないんです。

そこで、別のやり方をご紹介しますので、試してみてください。

図形を利用して直線を引く

実は、蛍光ペンは図形描画でも利用できます。例えば、直線を選択して[ペンのプロパティ]で[蛍光ペン]を選べば、直線を蛍光色で引けるんです。直線であれば、[Shift]キーを押しながら描くことで水平線になります。

  1. [描画]で図形グループの[直線]を選択。
    描画タブの図形グループ
  2. ペングループの[ペンのプロパティ]をクリック。
    ペンのプロパティ
  3. [色と太さ]ダイアログで[蛍光ペン]に切り替えて、色と太さを任意で選ぶ。
    色と太さ ダイアログ
  4. デジタイザペンまたはマウスで描画する。
    黄色いマーカーの直線
  5. 蛍光色の直線が描ける。

このようにすることで、マーカーで直線を描いたようにできるんですが、角が丸くなるという問題もあります。そこまで気にならないという方ならいいんですが、気になる方もいらっしゃるでしょう。その場合はガンバってまっすぐ自分で線を引くしかありません。

なお、まっすぐ引くためのちょっとしたコツがあるので、試してみてください。

マーカーをまっすぐ引くコツとは?

マーカーを引きたい部分に、細い線で四角い図形を描きます。あとはその中を蛍光ペンで塗ります。あとで四角は消してもいいし、蛍光ペンと同じ色にしている場合は、そのまま残してもいいと思います。こうすれば角が丸くならないので、気になる方も納得だと思いますよ。

マーカーを直線的に引く補助

まとめ

いかがでしたか?

厳密にはマーカーという機能は OneNote にありませんので、蛍光ペンという機能を代わりに利用しています。この機能はもともとデジタイザペン用なので、マウスで操作するとどうしても直線を描きにくいんですね。この、図形を利用する方法でマーカーとして使いやすくなると思いますよ。

以上、「OneNote のマーカーで直線を引くには?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク

フォローする

関連ページ
スポンサーリンク