OneNote のノートをメールで送るには?

OneNote のノートをメールで送るには?

OneNote を使っていると「このノートを○○さんにメールで送れないだろうか?」と思うことがありますよね。でも、メールに添付して送っただけだと芸がありませんが、実はちゃんとメールだけで見られるように送ることができるんですよ。

OneNote がなくてもメールなら大丈夫!

OneNote のノートをメールに添付して送ることは想像できると思うんですが、相手が OneNote を持っていなかったら意味がなさそうですよね。ところが、そこをうまくやってくれるのがこのアプリのすごいところなんですよ。

こんな時メールだと便利です

OneNote でメモを取ることで、仕事を効率的にしたり楽にしたりできますが、このメモを誰かに見せるとなった時にちょっと困ることがありますよね。ノートを共有しているとか、すぐ目の前にいるとかなら画面を見せるだけでいいんですが、そうじゃない場合もあります。

一体どうすれば効率がいいのか、結構困ってしまいますよね。普通に考えたらノートをメールに添付して送ればそれで何とかなりそうなんですが、OneNote の扱いに慣れていないとか、そもそも持っていない人が相手だとどうすればいいのか...。

そんな時は OneNote の機能でメールを送ることを考えてみてください。これならば、相手が見られる形式で送ることができるんですよ。実は、ノートを「HTMLメール」で送れるようになっているので、受け取った人は OneNote がなくても見れるんですよ。

つまり、ノートをHTMLメールで限りなく再現するんです。だから、メールで送ると OneNote の有無は関係なくなるんですよ。(ちなみに OneNote のバージョンによっては、ノートも添付ファイルとして同時に送ります。)

具体的にどうするの?

まず前提条件として、OneNote とメールアプリがインストールされていることが必要です。メールアプリは、できれば Outlook が良いと思います。そのほうが連携が取りやすいので、確実だと思います。(他のアプリでも良いんですが、うまくいかないこともあるみたいですね。)

具体的な方法はとても簡単で、

  1. OneNote を起動する
  2. メールで送りたいノート(ページ)を開く。
  3. 左上の[ファイル]タブをクリック。
    ファイルメニュー
  4. 左下の方にある[送信]をクリック。
    送信
  5. [ページを電子メールで送信]をクリック。([添付ファイルとして送信]だとHTMLメールにならないので注意してください。)
  6. メールのエディタが起動して、自動的に「HTMLメール」が作成される。

こんな感じで作れてしまいます。ちなみに、起動するメールアプリは Windows で「既定」に設定されているものです。使うアプリは選べないので注意してくださいね。

メールが自動的に作成されたら、宛先・件名・本文などの必要なものを付け加えれば、送ることができるメールとして完成ですよ。後は送信ボタンをクリックして送ればそれで作業は完了ですよ。いや~、実に簡単ですね(笑)。

OneNote は出力先を選ばないんです

本サイトをよくご覧になっている方ならすでにお気づきだと思いますが、OneNote は出力先を選ばないんですよ。つまり、画面でも、プロジェクターでも、メールでも、紙でも、何でもいいんです。OneNote にメモさえすれば、後はどうにでもできるんですね。

デジタル化というのは、本来そういうところが大事なんだと思うんですよ。確かに、ノイズがなくて質が高いとか、かさばらないとか、コピーが取りやすいとかあるんですが、後先を気にしないでとにかくメモを取るとか記録に残すということができるのがいいんですよね。

つまり、紙に書くよりもより直観的なんです。どうしても人間は情緒的あるいは感情的に動いてしまうので、そこをうまく受け止めてくれるデバイスがあれば、それこそが一番必要なものだと思うんです。そして、それが「タブレットPC + OneNote」何じゃないのかなって感じるんです。

まとめ

いかがでしたか?

今回の大事なポイントは、単にメールで送ることができるというだけでなく、OneNote というアプリはどんな形式の出力でもできるというところです。だからこそ、とにかく何でも OneNote でメモを取っておけば、後々有効利用できるんですね。

あと、メールの送信相手にはHTMLメールを送ることを事前に知らせておいてくださいね。セキュリティの関係でHTMLメールを受信拒否している場合もありますから。

以上、「OneNote のノートをメールで送るには?」と題してご紹介しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク

フォローする

関連ページ
スポンサーリンク