OneNote で文字数を調べるには?

OneNote で文字数を調べるには?

OneNote文字数を調べる方法を説明しました。入力した文字の数を確認したい方に、適した内容です。OneNote での文字数の調べ方だけでなく、文字数についての注意点も、わかりやすく解説しているからです。

OneNote で、文字数を調べる意味とは?

OneNote で文字入力していると、「全部で何文字ぐらい入力しただろうか?」と文字数を調べたくなることが、あるんじゃないでしょうか。多分めったにないことだとは思うんですが、それでも何かのレポートなどで文字数制限があったりすると、数える必要がありますよね。

実は、OneNoteでは文字数を調べる方法が無いんです。だから、「今回の説明はここまでです」と終わりになるのが本当なんですが、それでも一応調べる方法があります。そこで、やや面倒くさいんですが、文字数を調べる方法を説明しますので、参考にしてみてください。

OneNote で、文字数を調べるときのやり方。

それでは、OneNote で文字数を調べるときのやり方を説明します。

OneNote 単体では、文字数が調べられないの?

先ほども説明しましたが、OneNote単体では文字数が調べられません。もちろん、自分で数えれば文字数はわかりますが(笑)、簡単に調べる方法は無いんです。そこで、次に説明するように、他のアプリを利用して調べることになります。

続いて、さっそく調べ方を説明しましょう。

Word など、他のアプリを利用して調べる。

OneNoteでは文字数を簡単には調べられないので、文字数が表示されるアプリを利用して調べます。ここでは、多くの方がお持ちであろう Word を例にやってみます。

  1. OneNote で文字入力する。
  2. 文字数を調べたい部分を選択し、コピーする。
    文字数 OneNote
  3. Word を起動し、コピーした内容を貼り付ける。
    文字数 Word
  4. 下部のステータスバーを見て文字数を確認する。
    文字数の確認 Word

これで、文字数を調べることができました。ちなみに、先に Word で文字入力を行って、狙った文字数にできた段階でOneNoteに貼り付けるという方法を採れば、より面倒が少ないと思いますよ。

Wordに限らず、文字数が調べられるアプリであれば、何でも構いません。

参考:Word で文字数を調べるときの注意点

Wordで文字数を調べるときに注意したいのが、アルファベットの扱いです。というのも、Wordではアルファベットは文字数ではなく、単語数で表示するからです。例えば、「One」と入力すると、見た目は3文字ですが、Wordでは1文字と表示されます。つまり1単語だからです。

そこで Word の場合、単純に文字数だけを調べるには、ステータスバーの文字数表示部分をクリックして、詳細な表示(文字カウント)を出します。すると、文字数がわかりますし、スペースを含めた場合と含めない場合も分かるなど、非常に細かくチェックできますよ。

文字カウント

さっきの例でいうと、実際には53文字あるということですね。このように、Word でアルファベットを含む文章の文字数を調べる場合は、『文字カウント』という詳細な表示を行って、調べるようにしてください。

アルファベットを単語とみなす基準は、半角スペースです。

まとめ

いかがでしたか?

OneNoteで文字数を調べる方法についてご紹介しました。OneNote では文字数が調べられない、他のアプリを利用して調べる、Word で文字数を調べるときの注意点、と言ったポイントがありましたね。文字数の調べ方についてご理解いただけたのではないでしょうか。

OneNoteでは、文字数を簡単には調べられないので、文字数を調べられる他のアプリを利用するという方法でした。おそらく、OneNoteはどうしても手書き入力との兼ね合いで、文字数を表示しないようにしているのではないでしょうか。

文字数がわからなくても、あまり困ることはないかもしれませんが、お困りの方の参考にしていただければ幸いです。

以上、「OneNote で文字数を調べるには?」と題して説明しました。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク