OneNote ノートコンテナの枠線を表示するには?

OneNote ノートコンテナの枠線を表示するには?

OneNote ノートコンテナの枠線を表示する方法を説明しました。消えてしまったノートコンテナの枠線を表示したい方に適した内容です。表示方法を詳しく説明しているので、枠線を消したい方にも適していますよ。

OneNote ノートコンテナの枠線を表示する意味とは?

OneNote ノートコンテナの枠線を表示する方法をお探しですか? 突然消えてしまうと「不具合でも発生したか?」と思ってびっくりしますよね。ところで、ノートコンテナの枠線が出なくなって何に困るかというと、ブロック単位での処理ができなくなることです。

つまり、枠線がないと、まとめて移動・コピー・削除といったことが面倒になるんです。そこで、枠線を表示して、元のようなブロック単位での処理ができるように戻します。なお、逆の手順を行うことで、枠線を消すこともできますよ。そこで、詳しい表示方法を説明しましょう。

OneNote ノートコンテナの枠線を表示する方法。

それでは、OneNote ノートコンテナの枠線を表示する方法を説明します。いつの間にか枠線が消えてしまった方も、こちらの方法で表示できるはずなので、ぜひやってみてください。

ノートコンテナの枠線とは?

まず、ノートコンテナの枠線について確認しておきましょう。枠線は以下の画像のように、ノートコンテナの領域に表示されるものです。

ファイルへのリンク

上部にタイトルバーのようなものがあって、ぐるっと1週囲むように枠がついているのが分かりますね。この、バーの部分をクリックするとブロック単位で選択したり、マウスでドラッグして枠ごと移動したりできるので、まとめての処理がとても簡単なんですね。

ノートコンテナの枠線を表示する方法は?

続いて、ノートコンテナの枠線を表示する方法を説明します。手順は以下の通り。

  1. 左上の[ファイル]タブを開く。
    ファイルタブ
  2. メニュー下にある[オプション]をクリック。
    OneNote オプション
  3. [オプション]ダイアログが表示される。
  4. 左側の[表示]をクリック。
    ノートコンテナーをページに表示する
  5. [ノートコンテナーをページに表示する]にチェックを付ける。
  6. ダイアログ右下の[OK]をクリックする。

これで、枠線を表示することができました。なお、チェックを外せば、枠線を消すことができます。いつのまにか枠線が消えてしまった方は、チェックが外れていたと思います。なぜ勝手に消えるのかは不明ですが、設定で表示できるのであれば不具合ではありませんのでご安心を。

まとめ

いかがでしたか?

OneNote ノートコンテナの枠線を表示する方法を紹介しました。オプションで簡単に設定ができましたね。したがって、表示・非表示の切り替え自体は簡単だけれども、枠線が表示されていないときの使いにくさが大きな問題であることがお分かりいただけたと思います。

枠線がないときは、Word を自由に入力できるようにした使い方になるので、確かに慣れている方は簡単かもしれませんね。しかし、ブロック単位でまとめて処理ができないという点は OneNote に慣れている方には、かなり使いにくいでしょう。

枠線が出ないだけで操作方法も変わってしまうので、そこは案外重要なポイントではないかと思いますね。この記事が、枠線が消えてしまった方のお役に立てば幸いです。

以上、「OneNote ノートコンテナの枠線を表示するには?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク