OneNote ノートブックの削除方法とは?

OneNote ノートブックの削除方法とは?

OneNote ノートブックの削除方法を説明しました。ノートブックの削除の方法を知りたい方に適した内容です。単純な削除方法ではなく、エラー等が発生しないように、安全で確実な方法を詳しく説明しているからです。

安全で確実な、ノートブックの削除方法を知ろう!

OneNote を使っていると、ためしに作ったノートブックがいらなくなったり、分散していたページを整理したら、いくつかのノートブックが不要になることがあると思います。すると、削除の必要が出てきますが、「どうやって削除したら確実だろうか?」と悩まれるかもしれませんね。

ところで、なぜ削除方法をお探しなのでしょうか? それは、ノートブックの構成が今一つ分からなくて、自分で勝手に削除すると、動作がおかしくなるのではないかと不安だからですよね。確かに、構成が分かりにくいので、安全な方法が知りたいと思うのは当然だと思います。

そこで、安全で確実な方法をご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

OneNote ノートブックの削除方法。

それでは、OneNote ノートブックの削除方法のポイントをご紹介します。最初に、ノートブックの構成を説明してから手順を解説しているので、理屈が分かって理解しやすいと思いますよ。

ノートブックの構成を確認する。

まず、ノートブックの構成を確認しましょう。ノートブックの保存場所は、「OneNote ノートブック」です。また、無料版OneNoteを使用している場合は、OneDriveのOneNote専用領域に保存されます。(既定のままで使用している場合です。)

OneNoteフォルダー

そして、保存されているノートブックは、フォルダーの中に本体ファイルが格納されているという構成です。さらに、フォルダー名がそのままノートブック名として、OneNoteで表示されます。つまりノートブックは、フォルダーとファイルで構成されているわけです。

マイ ノートブック

したがって、ノートブックの削除は、フォルダーをそのまま削除すれば OK です。ただし、何の準備もなしに削除すると、問題が起きる可能性があるので、手順を守る必要があるんですね。

ノートブック削除の手順(通常版)

通常版(有料版)OneNoteの、ノートブック削除の手順を説明します。基本的な流れは、ノートブックを「閉じる → フォルダを開く → 削除」という順序になります。

  1. OneNote を起動する。
  2. 削除したいノートブックを確認する。(なければ、すでに閉じている。)
    ※ノートブック名を忘れそうなら、念のためメモしておいてください。
  3. 削除したいノートブックを閉じる。(ノートブック名を右クリックする。)
    ※すでに閉じている場合は、この手順を省略してください。
    ノートブックのショートカットメニュー
  4. OneNote を閉じる(終了する)。
  5. エクスプローラーなどで、ノートブックの保存場所を開く。
  6. 先ほどの(メモした)ノートブック名と同じフォルダーを削除する。
    ※心配なら、ごみ箱に移動する。
  7. 作業完了。

これで、通常版OneNoteでのノートブック削除ができました。ごみ箱に移した場合は、ゴミ箱のフォルダーを削除すれば、完全に削除できます。

ノートブック削除の手順(無料版とOneDrive)

無料版OneNoteの、ノートブック削除の手順を説明します。なお、OneDriveに保存している場合も同様なので、こちらを参考にしてください。基本的な流れは、ノートブックを「閉じる → OneDriveを開く → ファイル削除」という順序になります。

  1. OneNote を起動する。
  2. 削除したいノートブックを確認する。(なければ、すでに閉じている。)
    ※ノートブック名を忘れそうなら、念のためメモしておいてください。
  3. 削除したいノートブックを閉じる。(ノートブック名を右クリックする。)
    ※すでに閉じている場合は、この手順を省略してください。
    ノートブックのショートカットメニュー
  4. 左上の[ファイル]タブをクリック。
    書式のコピー/貼り付け
  5. [開く]をクリック。(←閉じたいのに[開く]は、ちょっとややこしいですが…。)
    ファイル開く
  6. [OneDrive でノートブックを管理する]をクリック。
    OneDrive でノートブックを管理する
  7. ブラウザが起動し、OneDriveが表示される。
    OneDrive ファイル一覧
  8. [ドキュメント]をクリック。
  9. 目当てのノートブックを探す。
    OneDrive ファイル一覧 OneNote ノートブック
  10. ノートブックを右クリックして[削除]コマンドをクリック。
    OneDrive ファイル一覧 右クリックメニュー
  11. ファイルがごみ箱に移動し、「削除しました」のメッセージが表示される。
    ※左側メニューの[ごみ箱]をクリックすると、削除が確認できます。
  12. 作業完了。

これで、無料版OneNoteやOneDriveに保存したノートブックの削除ができました。ノートブックを完全に削除したい場合は、[ごみ箱]のファイルをさらに削除してください。

削除時の注意点とは?

続いて、削除時の注意点について確認しておきましょう。

OneNote 通常版と無料版、共通の注意点。

まず、共通して注意してほしいのは、ノートブックを必ず閉じてから、作業してほしいということです。OneNoteは、ノートブックを開くと自動的にキャッシュしているからです。つまり、ノートブックを閉じないで削除すると、実体はないのにキャッシュはあるという状況になります。

ネットワークがつながっていなくても使えるのがOneNoteの特徴だから、動作上問題はないはずですが、あまり気持ちの良いものではないでしょう。

OneDrive に保存されたノートブックの注意点。

また、OneDrive に保存されたノートブック(無料版のOneNoteも含む)は、エクスプローラーからフォルダを開いても見ることができません。おそらく、本来はフォルダーやファイルになっているはずですが、ブラウザからしか見えないように制限されています。

なので、OneDrive に保存されたノートブックは、ブラウザからしかアクセスできないので注意してください。

まとめ

いかがでしたか?

OneNote ノートブックの削除方法を説明しました。全体の流れとしては、OneNoteでファイルを閉じてから保存場所を開き、ファイルを削除するという順序でした。この手順を守れば安全かつ確実に削除できると思います。

最後にお話ししておきたいのは、どんなことでも手順が大事であるということです。OneNoteは非常に柔軟なアプリなので、トラブルは起きにくいとは思いますが、面倒だからといって手順を端折ることだけはやめてください。特に『削除』が絡むものは神経質になっても良いくらいです。

なぜなら、ノートブックは削除すると、二度と戻ってこないからです。なので、保存容量などで困ることが無ければ、削除しないでそのままにするのが良いと思います。全く不要になった練習用ノートブックでもない限り、残しておいて不都合はないでしょうからね。

以上、「OneNote ノートブックの削除方法」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク