OneNote のノートブックとは?

OneNote のノートブックとは?

OneNoteノートブックとは何か分かりますか? OneNote は簡単な構造を持ったアプリなんですが、単純に1つのファイルだけで構成されているわけではないんです。なので、どんな構成になっているのかを、分かりやすく説明しました。

OneNote のノートブックが分かります

ノートブックの構成を理解することは、OneNote を使いこなすためにはあまり関係ないかもしれないですね。でも、構成が理解できればノートブックの扱い方がより分かりやすくなると思うので、知識として知っておいてほしいんですよ。

何をノートブックというのか?

OneNote では、情報を書き込むノートを『ノートブック』と呼んでいます。もう少し詳しくいうと、何かを書き込める白紙を『ページ』と呼び、それをまとめているものを『セクション』と呼びます。そしてセクションをまとめているのが『ノートブック』ということになります。

なので、ノートをとるときに使うものをまとめたものが『ノートブック』ということになりますね。

ノートブックの構成を理解する

では、ノートブックはどのようなファイル構成になっているんでしょうか? まず、ノートブックは同じ名前の付いた「フォルダ」になっています。そしてその中にあるファイルが「セクション」です。なお、「ページ」はセクションの中に含まれています。

つまり話をまとめると、ドキュメントフォルダに保存されているのものを確認すると、ノートブックと同じ名前の「フォルダ」とセクションと同じ名前の「ファイル」が存在することになります。「ページ」はセクションに含まれているのでファイルはありません。

ノートブックを作るには?

ノートブックは OneNote の中から作ることができます。

実際のつくり方は...、

  1. [ファイル]タブをクリックする
    新しいノートブック
  2. [新規]をクリックする
  3. ノートブックを作成したい場所をクリックする
  4. ノートブック名を入力して[ノートブックの作成]のボタンをクリック
    ノートブックの作成

こうすると、指定したフォルダに「ノートブック」が作成されます。

さらに、セクションやページを作りたい場合は以下を参考にしてみてください。

OneNote の使い方-下準備編をご紹介します。OneNoteを使ってみたいけれど、使い方がよく分からないという方は必見です! 一通り読めばバッチリ使えるようになりますよ。

ノートブックは移動してもいいの?

もちろんノートブックを移動することは可能ですよ。ただし、何の下準備もなくいきなり移動するとファイルがおかしくなる可能性があるので、焦って移動しないでくださいね。やり方は簡単にいうと、いったん OneNote でノートを閉じてからエクスプローラーなどで移動します。

詳しいやり方は以下が参考になりますよ。

OneNote ノートの保存先を変更する方法を説明しました。ノートのフォルダの場所を変えたい方に適した内容です。単純にやり方を説明しただけでなく、仕組みについても詳しく紹介したので、安全確実な保存先の変え方がわかるからです。

まとめ

いかがでしたか?

OneNote は使い方が単純な割にはファイルの構成がやや複雑になっています。このページを読んでもらうことによって、少しだけでも理解が進めばうれしいですね。使い方とは直接関係ないですが、構造を知っているのと知らないのとでは、明らかに理解度が違うと思いますよ。

以上、「OneNote のノートブックとは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク