OneNote でペンタブレットを使うには?

OneNote でペンタブレットを使う

OneNoteペンタブレットを使う際のポイントを説明しました。ペンタブレットでOneNoteに手書きしたいと思っている方に適しています。筆者の経験談をもとに解説したので、ペンタブレット使用時のコツがよくわかるからです。

なぜ、OneNote でペンタブレットを使うのか?

あなたは、OneNote での手書きは「ペンタブレットでもでいいんじゃないの?」と思われて、このページをご覧になっていると思います。確かに、ペンタブレットなら手軽ですよね。実は、私もしばらくの間はペンタブレットを使っていたんですよ。

ところで、ペンタブレットを使うことのメリットは、普通のパソコンでタブレットが使えることですよね。つまり、高額なタブレットPCを用意しなくても良いので、コスト的にとても安くつくところが大きいと思います。でも、ペンタブレットで代用できるのか不安ですよね。

そこで、ペンタブレットを使うときの注意点やコツを、経験を踏まえてご紹介します。

OneNote でペンタブレットを使う時のコツ。

それでは、OneNote でペンタブレットを使う時のコツをご紹介します。

OneNote で手書きすることのメリットとは?

まず、OneNote で手書きすることにどんなメリットがあるのか確認しておきましょう。手書きすることのメリットで一番大きいのは、ちょっとしたメモが簡単に取れる点です。まるで紙にメモを取るように、すぐパソコンにメモが取れるので、とても便利なんです。

また、手書きなら自由に書き込めるので、例えば OneNote に資料画像を取り込んでおいてそこに対して矢印を描いたり、メモを書いてそこから線を引っ張ったりすることもできます。つまり、直感的に書き込めるんですね。

余談ですが、パソコンで『直感的』ということは少ないんじゃないでしょうか。パソコンが一見便利そうで不便なのは、直感的に使えなくて学習しなくてはいけないからだと思うんですよね。だから、手書きができるだけで、パソコンがとっても身近な存在になると思いますよ。

ペンタブレットでも、手書き入力ができる?

さて、本題のペンタブレットでも手書きできるのかどうかですか、もちろん可能です。手書きするためには、デジタイザペンかタッチパネルがあればいいので、十分対応できます。もちろん特別な設定も一切する必要がありませんよ。

具体的には、ペンタブレットをパソコンにつないだときに、デバイスドライバが正しく動作している状態であればそれで構いません。OneNote が起動したときに自動的に認識されるので、すぐ使えます。ただし、使い方には若干慣れが必要なので、コツについても説明しますね。

ペンタブレットはコツが必要

ペンタブレットを使うときにはコツが必要です。イラストを描くときに使っている方でも、字を書くことは少ないと思うので、やはりコツが必要だと思いますよ。どういうことかというと、文字を遠隔で書いた経験がないからなんです。

タブレットPCの場合は画面に直接書き込むので特に気にならないんですが、ペンタブレットの場合は専用の板の上でペンを動かします。つまりマウスのような操作になるので、文字を間接的に書くことになるんですね。これが慣れないとなかなか難しいんですよ(汗)。

私の場合、ペンタブレット自体使ったことがほとんどなかったので、とにかく文字を書く練習をしましたね。ネット上で漢字ドリルの見本をダウンロードして懸命に字を書く練習をしましたよ。「この年になって漢字ドリルかよ...」と思いましたが、それくらい慣れが必要でしたね(笑)。

でも、文字を書くのが大変なだけで、それ以外の操作(線を書いたり、メニューを操作したり)は何度か触っているうちにすぐに慣れますよ。多分、ペンタブレットを使い慣れている方なら問題ないんだと思うんですけどね。

やっぱりタブレットPCのほうがいい?

やはり本命はタブレットPCですね。これなら画面に直接書き込めるので、漢字ドリルで練習をするような必要はないです。また、すぐに使えるようになるだけでなく持ち運びも便利です。ペンタブレットの場合、どうしてもタブレット本体を別に持ち歩くことになりますからね。

ただし、ペンタブレットの場合は、パソコン本体ではなくタブレット本体を持つことで操作できるので、軽くて疲れないというところは大きなメリットなんです。例えば、プレゼンテーションの時に壇上で説明するときなどが該当しますね。

でも、本当の究極は液晶タブレットと呼ばれるタイプです。ペンタブレットの板が画面になっているものが販売されています。低価格パソコンなら数台購入できるぐらい高価なんですが、プロのイラストレーターやデザイナーが使うもので、かなり高性能なんですよ。

持ち運びはしづらいものの、手書き入力のフィーリングは最高なんですよね。

まとめ

いかがでしたか?

OneNote でペンタブレットを使うときのコツについて、経験をもとにお話ししました。タブレットPCとは本質的には変わらないものの、ペンタブレットで文字を書くには慣れが必要であることを覚えておいてください。でも、慣れるとどんなパソコンでも手書きできるのは大きなメリットですね。

タブレットPCよりも、コスト的にメリットが大きい、ペンタブレットの使用もぜひ検討してみてください。OneNote はペンが使えると、明らかに活用の幅が広がりますから。

以上、「OneNote でペンタブレットを使うには?」ときのコツをお話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク