OneNote セクショングループの使い方とは?

OneNote セクショングループの使い方とは?

OneNote セクショングループの使い方について説明しました。セクショングループについて知りたい方に適した内容です。セクショングループの使い方を説明しただけでなく、具体的な活用方法も詳しく説明しているからです。

OneNote セクショングループを知る意味とは?

OneNote でセクションを作っていると、「数が増えてきたなあ、整理できないだろうか?」と思うのではないでしょうか。確かに、セクションを使うとページを整理できるので、徐々に数が増えていくのも事実ですよね。だから、このページをご覧になっていることと思います。

ところで、なぜセクションの数が増えていくのでしょうか? おそらく、しょっちゅう使うわけではないけれど、消すわけにはいかないからではないでしょうか。だとしたら、保存場所のようなものがあればよいわけですよね。まさに、そういう時にセクショングループはうってつけなんです。

そこで、OneNote のセクショングループの使い方を、詳しくご紹介します。

OneNote セクショングループのポイント。

それでは、OneNote セクショングループのポイントを詳しくご紹介します。なお、単なる使い方だけでなく、活用方法も具体的にご紹介しますよ。

セクショングループとは何か?

まずは、セクショングループについて説明しましょう。セクショングループとは、セクションタブの並びに追加されるもので、その中にさらにセクションが作成できます。フォルダーの中にサブフォルダーを作るといえば、近いでしょうかね。(あまり正確な表現ではないですが。)

つまり、セクションを束ねるものになります。ただし、見かけ上はノートブックの中に、さらにノートブックがあるような感じになります。実際にやってみないと分かりにくいと思うので、まず作り方を説明し、その後で使い方を説明しましょう。

※セクションについては、こちらで詳しく説明しています。

OneNote セクションの使い方について説明しました。セクションの役割や使い方について知りたい方に適しています。セクションについて詳しく説明しただけでなく、作成・削除・移動方法についても詳しく解説しているからです。

セクショングループの作り方

セクショングループの作り方です。削除は簡単なので、とりあえず作ってみてください。

  1. セクションタブを右クリック。
  2. ショートカットメニューが表示される。
    新しいセクショングループ
  3. [新しいセクショングループ]をクリック。
  4. セクショングループが新規作成される。
    セクショングループ
  5. 名前を入力。
  6. 作成完了。

これで、セクショングループが作成できました。このままでは中身が空っぽなので、セクショングループを開いてセクションを新規作成し、使えるようにしましょう。なお、セクショングループを作って、いわゆる入れ子にすることもできますよ。

セクショングループの使い方

続いて、セクショングループの使い方を説明します。使い方はとても簡単で、名前の部分をクリックするだけで開くことができます。セクショングループを開くと、ノートブック名の下にグループ名が表示されて、一目で分かるようになっています。

ただし、ちょっと違うのが、元の親にあたるセクションに戻るときです。セクションタブの左端にある、上向きの矢印をクリックしてください。

セクショングループ 戻る矢印

すると、元のセクションに戻ることができますよ。もし、グループの中にグループを作って、入れ子にしている場合は、何度か矢印をクリックすれば元のセクションに戻れます。

セクショングループの削除方法

セクショングループの削除方法を説明します。削除はとても簡単で、ショートカットメニューから、[削除]を選ぶだけです。手順は次の通りです。

  1. 削除したいセクショングループを右クリック。
  2. ショートカットメニューが表示される。
    セクショングループの削除
  3. [削除]をクリック。
  4. 確認メッセージで[はい]をクリック。
    セクショングループ削除の確認
  5. 削除が完了。

これで、セクショングループが削除できました。実際にはごみ箱に移動するので、完全削除はごみ箱を空にしたときです。なお注意してほしいのが、セクショングループを削除すると、中に含まれるセクションも同時に削除される点です。

また、ごみ箱に移動すると、セクショングループは消滅します。元に戻すときは、改めてセクショングループを作成してください。

セクショングループの活用方法

セクショングループの活用方法について説明します。どんな活用方法があるのか、できるだけ具体的にご紹介しました。

過去セクションの保存用

過去セクションの保存用に使ってみましょう。これまでにいろいろとメモしたページを、セクションでまとめてあると思うので、「今後めったに使わないかもしれないけれど、削除するわけにはいかないなあ。」というセクションがあったら、セクショングループに移動しましょう。

セクショングループの名前は、例えば「2016年資料」のように年代にしても良いと思います。さらに、グループの中にグループを作ることもできるので、「資料アーカイブ」と名前を付けて、その中に年代のグループを作っても良いでしょう。

セクショングループ例:バックナンバー

こうすれば、すぐ手元に保管することができますね。データは手元にないと、「面倒だから今度でいいや」となりがちなので、活用という点でもメリットがあると思いますよ。

ひな形の保存用

ひな形の保存用に使ってみましょう。例えば、報告書を OneNote で作っている場合に、セクショングループを作ってそこに保管する手もありますよ。ひな形をそのまま出しておいてもいいんですが、ちょっと隠しておけば、間違ってひな形に書き込んでしまうことが無くなるでしょう。

セクショングループ例:ひな形

複数のひな形があれば、それを「各種ひな形」というセクションを作って、セクショングループに保管しておけば邪魔になりませんね。

教師が使う時の例

教師が使う時の例を考えてみましょう。セクショングループは、名前を「1年生」、「2年生」というように学年にします。そしてその中で、それぞれ担当教科のセクションを作って、授業のメモや板書を書き込みます。複数の学年を担当することが多い教師の方なら、便利だと思いますよ。

セクショングループ例:教師用

セクショングループを使う際のコツ

セクショングループを使う際のコツについて触れておきましょう。ここまでの説明でお分かりだと思いますが、セクショングループは、『普段の使用頻度が極めて低いものを入れておく保管場所』という使い方が、分かりやすいと思います。

ただし、教師用の場合は少し趣が違いますね。どちらかというと、積極的に切り替えて使うことになりますが、強くはおすすめしない使い方です。私の経験上、1・2回でも切り替えが入ると、それだけでとても面倒に感じるからです。

OneNote のようなアプリは、少しでも面倒に感じると億劫になってしまうことでしょう。つまり、だんだんと使わなくなってしまうということです。その点に注意して、セクショングループを使ってほしいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

OneNote セクショングループについて説明しました。セクショングループの作り方、使い方、削除方法、活用方法の順番でしたね。これで、セクショングループについて、一通りご理解いただけたのではないかと思います。

なお、セクショングループは必須の機能ではありません。セクションが増えすぎて管理に困った時など、必要性を感じたときだけ、使っていただければよいと思います。つまり、OneNote をかなり使いこなしている方向けといえるかもしれませんね。

以上、「OneNote セクショングループの使い方とは?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク