OneNote でフォントの設定を行うには?

OneNote でフォントの設定を行うには?

OneNote を使うと「文字の形がちょっと違うかも...」と思いませんか? これは、初期設定されている文字のフォントが一般的なものと違うからなんです。そこで、どうやったらフォントの設定が変更できるか、ご紹介しますね。

文字のフォントを設定変更してみる

OneNote の文字の形が違うのは、フォントが違うからですが、具体的にどうすればいいか分からない方もいると思います。このページでは、フォントの変更方法をできるだけ詳しくご紹介するので、フォントに関してよく分かりますよ。

初期設定はどうなっている?

OneNote のフォントは初期設定で『Verdana』というものになっています。ただし、これは欧文フォント、つまりアルファベット(半角文字)に適用されるフォントです。日本語(全角文字)を入力した場合は、『MSゴシック』が適用されます。

なので、半角文字を入力したときは、雰囲気が違うと思いますが、全角文字を入力したときは見慣れたフォントだということです。もし、すべての文字の雰囲気が違うように見えたとしたら、それは、欧文フォントの雰囲気につられているんじゃないかと思いますね。

ちなみに、Word では初期設定が『Century』になっているので、半角文字に関しては、明らかにフォントが違います。だから、「文字の形が違う?」と思った方は全く間違っていませんのでご安心を。なお、[既定のフォント]を変更すれば自由に初期設定を変えられますよ。

既定のフォントを変更するには?

フォントの初期設定を変える場合は[既定のフォント]を変更しますので、以下のようにやってみてください。

  1. 左上にある[ファイル]タブをクリック
    ファイルタブ
  2. 左下のほうにある[オプション]をクリック
    オプションメニュー
  3. [オプション]ダイアログの[基本設定]を開きます。(最初から開いているはずです)
    既定のフォント
  4. 真ん中にある[既定のフォント]グループの[フォント]を任意のフォントに切り替えます。(ちなみに Word に合わせるなら『Century』です。)
  5. なお、文字サイズも変えたい場合は[サイズ]を任意の数字に切り替えます。(こちらも Word に合わせるなら 10.5 です。)

これで、フォントの初期設定を任意のものに変えることができますね。なお、今回は Word を基準にしていますが、ご自分の使いやすい設定に変えれば良いと思います。大事なのは見やすく使いやすい状態にすることですからね。

文字に対してフォントを反映するには?

初期設定を変更した後、文字への反映がどうなるか気になりますよね。これは、当然ながら既に入力されている文字には反映されません。設定後に入力した文字であれば反映されます。なので、すでにある文字のフォントは、通常通り範囲選択して変更してください。

なお、設定が反映されていないようであれば、おそらくですが前行の設定を引き継いでいる可能性があります。その場合[Enter]キーで改行しないで、新しい位置をマウスでクリックして入力してみてください。多分それでうまくいくと思いますよ。

ちなみに、新しいページならば全く問題なく、フォントが反映されると思います。

手書きの場合はどうなる?

一応、手書きについて触れておきますね。みなさんお分かりとは思いますが、手書きの場合は、当然フォントは関係がありません。どんなフォント設定であろうが、自分で手書きする文字なので、影響は全くありませんよ。

もし、手書き文字の雰囲気を変えたいときは、[筆圧]を有効にしてみてください。これで、デジタイザペンの圧力を検知して、文字に筆圧が反映されます。つまり、力の入れ具合で線が太くなったり細くなったりするので、より自然な文字が書けますよ。

筆圧の設定方法とは?

  1. [ファイル]タブをクリック
  2. [オプション]をクリック
  3. オプションダイアログの[詳細設定]をクリック
    ペンの設定
  4. [ペン]グループで[筆圧に対応する(E)]にチェックを付ける

これで、筆圧が有効になりますよ。本来フォントとは関係ない内容ですが、手書きが中心の方もおられると思うので、少し触れさせていただきました。

まとめ

いかがでしたか?

フォントの設定は些細なことかもしれないですが、意外と気になりますよね。自分好みに設定して使いやすくて見やすい状態で、OneNote を使ってほしいと思います。この記事が、フォントに関して気になっていた方のお役に立てれば幸いです。

以上、「OneNote でフォントの設定を行うには?」と題して、お話ししました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク

フォローする

関連ページ
スポンサーリンク