Windows10 のユーザー切り替えで、注意すべき点とは?

Windows10

Windows10ユーザー切り替えで、注意すべき点を説明しました。マルチユーザー環境で動作がうまくいかない方に、ぜひ目を通していただきたい内容です。Windows10 の終了がうまくいかないときの対処方法を説明したからです。

なぜ Windows10 のユーザー切り替えは、注意が必要なのか?

ほとんどの方は、Windows10 を1人だけで使っていると思いますので、シングルユーザーだと思います。しかし、中には複数のユーザーを切り替えて使っている方も、いらっしゃると思います。ユーザーを複数作れば、それでマルチユーザーになりますよね。

ところが、問題があります。Fall Creators Update 以降は、Windows10 をマルチユーザーで使用すると、終了(シャットダウン)にてこずることがあります。終了時に、「別のユーザーがログインしている」という旨のメッセージが表示されて困りませんか?

なぜ、このようなメッセージが出るのかというと、以前ログインしたユーザーで自動的にログインしてしまうからなんです。そこで、どのように対応すればよいのか、マルチユーザーの場合の適切な設定方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

Windows10 のユーザー切り替えを、適切に行うポイント。

それでは、Windows10 のユーザー切り替えを、適切に行うポイントについてご紹介します。

シャットダウンがうまくいかない理由とは?

なぜ、マルチユーザーの際にシャットダウンがうまくいかないのかというと、先ほども説明した通り自動ログインしてしまうからです。Windows10 は Fall Creators Update以降、使用前にログインしていたユーザーで、自動ログインする機能が搭載されました。

この機能は、インストール作業をスムーズに進めるための機能だそうですが、これが初期状態で有効化されています。これが原因で、マルチユーザー環境でうまくいかないことがあるんです。ちょっとわかりにくいので、具体的な例で説明してみましょう。

ユーザーAとユーザーBがあって、使い分けている状態であると仮定します。

  1. ユーザーAで使用した後にシャットダウン(または再起動)。
  2. 再び起動し、ログイン画面を表示。
  3. この時点で自動的にユーザーAがログイン(ただし見た目に変化なし)。
  4. ユーザーBでログインし、使用後にシャットダウン(または再起動)。
  5. すると、他のユーザーがログイン状態であると警告される
  6. やむを得ずユーザーAをログアウトさせて、改めてシャットダウン。

このような状態になります。これは、同じユーザーを使い続けている場合には起こりませんが、ユーザーを切り替えると、どうしても以前のユーザーで自動ログインしてしまうので、面倒なことになります。トラブルというわけではありませんが、運用上問題がありますよね。

スムーズにシャットダウンさせる対処方法とは?

いちいちユーザーをログアウトさせていると面倒ですよね。スムーズにシャットダウンさせる方法はあるんでしょうか? これは、自動的にログインしてしまう機能を無効にすることで解決できます。設定で簡単に解除できますので、試してみてください。

具体的には、[更新または再起動の後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します。]という機能があるので、この機能を無効化します。かなり長い説明文ですが、実は正式名称なんですよ。もうちょっと名前の付け方があると思うんですが…(汗)。

※ 詳しいやり方はこちらで説明しています。

Windows10 の自動ログインを、解除する方法について説明します。読者対象は、Windows10 で勝手にログインしてしまう状況にお困りの方です。自動的にログインしてしまう原因と対策について、詳しく説明しています。

この状況の問題点とは?

ところで、この状況は何が問題なのでしょうか? これは、自動ログイン機能の規定値が『有効』になっているところではないでしょうか。確かに、[更新または再起動の後に…]の機能はとても便利です。明示的にログインしなくても良いので、再起動を伴う作業では重宝しますからね。

しかし、Windows10 はマルチユーザーに対応しているので、[更新または再起動の後に…]の機能が有効になっていると、先ほど説明した通り面倒なことになります。つまり、初期状態で無効にしておくか、マルチユーザーになった時点で自動的に無効化するようにすべきだと思うんです。

どう考えても、マルチユーザー環境には適さない機能ですからね。でも、ひょっとするとマルチユーザー環境で使うという状況は少数派なんでしょうか。しかし、それでは本来の使い方である、「通常は標準ユーザーで、セッティング時のみ管理者で。」という考え方に反します。

いずれにしても、マイクロソフトが掲げる理想と現実が乖離して、ちょっとちぐはぐな状態になっているのは間違いないと思いますね。

まとめ

いかがでしたか?

Windows10 のユーザー切り替えで、注意すべき点について説明しました。シャットダウンがうまくいかない理由、スムーズにシャットダウンさせる対処方法、この状況の問題点、などの3点を説明しましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

繰り返しになりますが、ポイントとしては、マルチユーザー環境でも自動ログインが働いてしまうところでした。自動ログインを無効にすればそれで全く問題が無くなるので、ぜひ試していただきたいと思います。ちょっとしたことなんですが、知らないとトラブルだと思ってしまいますよね。

今後マイクロソフト社に望むこととして、既定値を『無効』にするようにアップデートしてほしいですね。もしくは、マルチユーザーの場合に、自動的に無効にするという機能を組み込んでほしいと思います。このページが、お困りの方のお役に立てば何よりです。

以上、「Windows10 のユーザー切り替えで、注意すべき点とは?」と題して説明しました。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク