OneNote 同期の遅さは OneDrive で解消?

OneNote 同期の遅さは OneDrive で解消?

OneNote同期が遅いときは OneDrive で解消できそうなので説明しました。ノートの同期が遅くて困っている方はぜひ目を通してください。OneDrive を使うだけで同期タイミングが早くなることを理屈も含めて解説しました。

同期タイミングは OneDrive の使い方で早くなる!

OneNote のノートを共有していると、共有者が書き込みをし合うことはよくあると思います。ところが同期タイミングが遅いと、なかなか書き込み内容が反映されなくて「イラッ」とすることもありますよね。この同期タイミングが最も早い保存場所が分かったんですよ。

OneNote のノートを普通に共有すると同期が遅い

OneNote 2010 以降はノートの共有方法が、フォルダでのファイル共有のみに統一されました。つまり、一般的なアプリと同じように共有フォルダにファイルを保存するという普通のスタイルになったわけです。すると、共有方法は簡単になったものの別の問題が起こりました。

それは、同期のタイミングが遅いという問題です。OneNote 2007 であれば、ライブ共有と言って完全リアルタイムでの共有でしたが、OneNote 2010 以降のように単なるファイル共有の場合は同期を行うことで内容を更新しています。だから、同期のタイミングが影響するんです。

具体的にいうと、Aさんが書き込んだ内容が瞬時にBさんのノートに反映されるのがライブ共有で、書き込んだ内容が反映されるまで時間差が発生してしまうのが、同期なんです。書き込んだ内容が正しく反映されるまでに最大で1分ほどかかることもあるので、イライラすることもあるんですよ。

ノートを OneDrive で共有するだけで同期が早くなる!

OneNote のノートを共有した時に同期タイミングを早くするためには、OneDrive への保存が最適だということを、実は最近になって発見しました。ただし、単純に OneDrive に保存してしまうと異常なほど同期が遅いんですよ。なので、ちょっとしたコツがあるんです。

それは、OneNote から直接 OneDrive に保存するんです。ノートを作って名前を付けて保存するときに OneDrive を保存先にすれば、それで構いません。

OneDrive に保存

この方法を採らずに、いったんローカルに保存して、それをコピーするやり方をしてしまうと同期が遅いんです。なんか変な感じですが、それぞれ違いがあるんです。

同じ OneDrive なのに、OneNote から直接保存した場合は別の見えない領域に保存されます。エクスプローラーや、通知領域の OneDrive アイコンから開くフォルダとは違うんです。でも、ブラウザからは見ることができる、OneNote 専用ともいえる特別な領域なんですよ。

なぜ、同期のタイミングが違うのか?

なぜ同期タイミングが違うのか調べてみました。どうやら、同期を行うアプリが違うようなんです。OneNote から保存したときは、OneNote がノートを直接管理しているのに対して、OneDrive にファイルをコピーすると OneDrive がノートを管理しているんです。

すると何が起こるかというと、OneNote が管理しているときは OneNote のタイミング(オプションの設定)で同期します。ところが OneDrive が管理していると、同期のタイミングは OneDrive が握るので、OneNote の設定は意味がなくなるんです。

OneNote が直接管理

ノートを他のファイルと同じようなやり方で OneDrive に保存してしまうと、OneNote が同期をとるのはあくまでも、ローカルの OneDrive 用フォルダにあるファイルになってしまうんですよ。

OneDrive がノートを管理

だから、OneNote から直接 OneDrive に保存する方法を採らないとまずいんです。

OneDrive に保存するとどうなる?

では、OneDrive に保存すると具体的にどうなるかというと、OneNote は同期し続けるんですよ。ほぼずっと同期を示すマークがノートのタブに現れ続けます。それが、どれくらいの効果を示すかというと、内容の反映にかかる時間がほんの数秒程度になるんですよ。

なお、同期し続けてはいますが、実際には内容が更新されていなければ同期は行われていないはずなので、特に問題はないと思います。ただし、通信が途切れることなく行われることになるので、ネットワークが安定的につながっていないと、動作に支障をきたすかもしれないですね。

既存のノートの場合はどうする?

ノートを OneNote 専用の領域に保存するためには、OneNote で新規作成するしかありません。なので、既存のノートを移動することができないんです。そこで、既存のノートを移動したい場合は、ちょっと工夫して移動と同等の処理をすることになります。

やり方は簡単で、

  1. OneDrive にノートを新規作成する。
  2. 移動したい既存のノートを開く。
  3. すべてのセクションを OneDrive の新しいノートにコピーする。

たったこれだけです。

ローカルや共有フォルダのノートと OneDrive のノートは同時に開けるので、保存場所が違うノートどうしでのセクションのコピーが簡単にできるんですよ。だから、既存のノートの場合でも、ひと手間かけることで専用の領域に保存することができるんです。

まとめ

いかがでしたか?

OneNote では、保存場所がどこなのかをチェックしているみたいで、OneDrive の時だけ特別な動き(同期)をするようです。どうやらインターネットが使える環境なら、積極的に OneDrive を利用したほうが、OneNote を活かしきれるようですね。

以上、「OneNote 同期の遅さは OneDrive で解消?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
おすすめの記事
スポンサーリンク