OneNote ノートの保存先はどこ?

ノートの保存先はどこ?

OneNote を使ってみたけど「保存が今ひとつわからないなあ」とお思いですか? ほかのアプリと違って勝手に保存されるから、余計に謎なんですよね...。そこで、ファイルの種類と保存場所について分かりやすく解説しました。

ノートはどこに保存されている?

OneNote に関するナゾは多いですが、特に保存に関しては分からないことが多いと思いますので、ここではノートブック(ファイル)の保存場所についてご紹介します。

ファイルはここに保存される!

ズバリ言うとファイルはドキュメントフォルダの「OneNote ノートブック」というフォルダに保存されています。だから、ここを見ればノートファイルが確認できますよ。でも保存の仕方が独特なんで、ちょっと注意が必要ですね。

具体的には、ノートは「フォルダ」にまとめてあります。例えば、最初に「メモ」という名前でノートを保存すると、『メモ』という名前のフォルダが作成されます。そしてその中に本体であるファイルが保存されています。

ファイルがいくつもあるんだけど?

これには2種類あります。1つは、書き込んだ内容が記録されている、拡張子「one」という名前のファイルです(かなり直球な感じですが 笑)。そしてもう1つは拡張子「onetoc2」という名前の、不明なファイルです(別に怪しいものではないですよ)。

基本的には .one のファイルを開けばいいと思うんですが、.onetoc2 というファイルでも普通に開けます。おそらく .onetoc2 の方は作業途中の情報を記録してあるんだと思います。なので、特に気にしなくてもよさそうです。

私のはファイルが見当たらないんだけど?

それは、おそらく無料版の OneNote を使っているからですね。無料版の OneNote は保存先が「OneDrive」だけに決まっています。しかもそのファイルは姿を見ることができない特殊な領域に保存されるみたいなんです。

だからファイルを他所へ移すようなこともできないし、バックアップも取れないみたいです。やや不便ではありますが、それが無料の条件なのでどうしようもないですね。

保存先は決まっている?

通常は、既定値のまま保存すると先ほどの「OneNote ノートブック」が保存先になります。OneNote が起動したときに自動的に作られるフォルダで、確かに何も考えずに保存するとここにファイルが作られるので、決まっているといえば決まっていますね。

でも本来、保存先は決まってはいません。「じゃあ好きなところに移動してもいいですね?」と聞かれれば、それはマズいんです。というのも、一度保存してしまうとそのまま勝手に保存場所を変えられないからなんです。

もちろん、やり方があってちょっとだけ手順を守れば面倒はありません。でも、正しく進めないとおかしなことになってしまうので、注意がいりますよ。

詳しいやり方は別に特集していますので、そちらを見てくださいね。

OneNote ノートの保存先を変更する方法について説明しました。使い始めたノートの保存先を変えたい方に適した内容です。単純にやり方を説明しただけでなく、仕組みについても詳しく紹介したので、安全確実な保存先の変え方が分かりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

今回はローカルでの保存先について説明しました。OneNoteはノートブック(ファイル)を好きなところに保存できるんですが、その保存場所でいったん使い始めてしまうと、後から移動するのはちょっと面倒です。

なので、なるべくなら最初に「ここ!」という場所を指定できれば一番面倒が少ないと思いますよ。(といっても、初めて使うときにそれは難しいんですけどね...。)

以上、「OneNote ノートの保存先はどこ?」と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク

フォローする

関連ページ
スポンサーリンク