OneNote がインストールできない時どうする?

OneNote がインストールできない時どうする?

Office 2013(含む OneNote) 以降、どうもインストールできない(失敗する)ことが多いみたいなんですよ。特に Office 2016 や 365 なんかだとかなり失敗するんじゃないでしょうか? そこで、そんな時にどうすればよいかご紹介しますね。

インストールを成功させる方法とは?

私も Office のインストールでうまくいかなかったことがあります。これは、無料版の OneNote でも経験しました。でも、最終的にはインストールが成功したので、その時何をしたのかお話しします。

Office 2013 以降でうまくいかないとき

Office 2013 以降ではインストールの方法が変わりました。インストールディスクを使わないで、ダウンロードによってインストールを行う方式です。これによって、店頭のパッケージも随分とコンパクトなものになりました。

そして、これがトラブルのものとになっているようなんです。ダウンロードしながらインストールするという方法になってからトラブルをよく耳にしますからね。

インストールの流れを確認

ちなみにインストールの手順を確認しておくと、

  1. パッケージやカードに書かれている方法で Office のサイトにアクセス。
  2. インストーラーをダウンロードして、インストールしたいパソコンで実行。
  3. インストールが開始され、しばらくすると自動的に完了。

大体こんな感じですね。そして、たいていの場合2.のインストール中に不具合が発生して途中で止まってしまうようなパターンが多いです。

どんな対応をすればいいのか?

これは解決できるパターンがあります。

1.最初に試してみてほしいこと

トラブル発生を伝えるダイアログ内にあるリンク先の内容です。そこには、いったん Office をアンインストールするためのツールがあるので、それを実行してみてほしいんです。(いわゆる Fix It です。)

これで普通だとうまく解決できることが多いはずです。

2.次に試してみてほしいこと

もしうまくいかなかったら、もう一度 Fix It を使った後、ほかのことをせずすぐに次のことをやってみてほしいんです。

”ProgramData¥Microsoft¥”にある「ClickToRun」というフォルダを削除して、念のため再起動してみてください。そして再びインストールすればうまくいくと思います。(これで中途半端になったインストールファイルが削除できます。)

※”ProgramData”フォルダが見当たらない場合は?
このフォルダは隠しフォルダなので、エクスプローラーの設定を[隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する]に切り替えてください。

これでもダメなときは...

これでもうまくいかなかったときは、同じことを何度か試してください。回数を重ねるとうまくいくことがあるんですよ、なぜだか。それでも解決しないときはかなり厳しいかもしれません。

残念ながら、私はこれ以上のことに遭遇したことがないので、ここまでの対処方法しか分かりません。どうやってもダメな場合は、Windows の再インストールしかなさそうです。

インストールディスクは使わないほうがいい

Office 2013 以降はインストール方法が変わったわけですが、実はインストールディスクが Office.com で作成できるのをご存知ですか? ディスクがあればインストールが確実簡単なので便利ですが、でもこれが曲者なんです。

インストールディスクからインストールするとアップデートができません。あるリビジョンのまんま固定されます。無理やりアップデートしようとすると Office が壊れて再インスト-ルになってしまいます。なので、ダウンロード型が一番確実ですよ。

以上が、Office 2013 以降でインストールがうまくいかないときの対処方法です。

無料版 OneNote でうまくいかないとき

無料版の OneNote の場合はチェックする部分が2つあります。

Office のインストールが中途半端になっていないか?

無料版 OneNote では、インストールが途中で止まってしまうことがあります。現象としては、先の Office と同じものです。なので、Office のところで説明した内容とまったく同じことをやってみてほしいんです。

無料版の OneNote は 最初は 2013 がベースで、現在は 2016 がベースになったものが提供されています。なので、インストールそのものは Office とほぼ同じなんです。したがって、解決策は Office のときと同じになるんですよ。

マイクロソフトアカウントを使っているか?

無料版の OneNote はデータの保存先が OneDrive に固定されているので、当然 OneDrive が使える状態になっていないといけません。ということは、マイクロソフトアカウントを所有していて、かつ Windows 8 以降ならマイクロソフトアカウントでサインインしないといけないんです。

これができていないと、インストールでつまずいたり、インストール後に OneNote が起動しなかったりと不具合が起きてしまいます。OneDrive とセットで使うことが無料版 OneNote の前提条件なので、やむを得ないところだと思います。

まとめ

いかがでしたか?

少しは参考になりましたでしょうか。トラブルが起こるとなかなか解決できないことが多いので、この記事でうまくいくとうれしいんですが...。とくに 2016 や 365 でトラブルが多いようなので、マイクロソフトには何とか解決を図ってもらいたいですね。

以上、「OneNote がインストールできない時どうする?」と題して解決策をご紹介しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク