OneNote の範囲選択

OneNote の範囲選択

OneNote範囲選択について説明しました。OneNote でペンを使うととても便利ですが「もっと簡単に範囲選択できないだろうか?」と思ったことはありませんか? ペンならではのとっても簡単な範囲選択方法をご紹介しました。

ペン操作でかんたん『範囲選択』

みなさん普通の『範囲選択』については知っていると思うんですが、ここではペンを使った、もっと簡単で便利な『範囲選択』についてご説明しますね。(マウス操作でも応用できる部分があるので、ペンを使っていない方もぜひ目を通してみてください。)

便利な範囲選択とは?

OneNoteの手書きで魅力的なのは、書いたものを簡単に消したり移動したりできるところです。

手書き

ですが、ちょっと面倒なのは範囲の選択です。もちろんマウスに持ち替えるような操作はしたくないですし、メニューやリボンをタップしてモードを切り替えるのも、意外と面倒です。

そこで活躍するのが、ペンのサイドにあるボタンなんです。

デジタイザペン

サイドボタンを押しながら対象物をぐる~っと一周囲めば、簡単に「なげなわ選択」ができます。いちいちモードを切り替えなくてよいので、とても簡単かつスピーディーですよ。

OneNoteで手書き

選択した後はペンで簡単に移動できます。ボタンは押さなくてよいので、対象物を任意の場所にそのまま移動します。(ノート上のどこかをタップすれば選択は解除されます。)

※マウスで行う場合は[描画]リボンにある[なげなわ選択]をクリックして、ドラッグで範囲選択してください。

削除する場合は対象物を選択後、[delete]キーを押すか 削除 を実行します。

これで、範囲選択操作が簡単になりましたね。

まとめ

このようにペンによる範囲選択はとても簡単なんです。ですが、これをマウスで行ったとしたら、残念ながらペンほどの簡単さはないです。もちろん[なげなわ選択]を使えますが、ペン操作と比べると操作が1~2回増えてしまう分、面倒なんじゃないでしょうか。

やはりOneNoteは、デジタイザペンが使えるタブレットとの組み合わせが、最大限に能力を発揮できるんじゃないかと思いますね。

以上、『OneNoteの範囲選択』について説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク