OneNote の使い方ー基本編

OneNote の使い方ー基本編

OneNote の使い方基本編です。OneNoteの使い方はわかったけれど、どんなことに使えるのか、まだピンと来ていないという方に適した内容です。具体的な使い道を説明していますので、基本的な使い方がイメージできるからです。

OneNote の使い方、基本が重要な理由とは?

先に説明しているOneNote の使い方-準備編を読めば、とりあえずOneNoteが使えるようにはなります。でも、使いこなせるようになるかといえば、かなり苦労すると思います。なぜなら、使い方がわかっても、使い道がなかなかピンと来ないからです。

自分で使い道を考えるにしても、長年の経験やアイディアなどが必要になるので、思ったように考えが出てこない可能性もあります。使い道がわからなければ、OneNoteを使う気になれないし、使いこなすこともできないので、基本が重要なんですね。

そこで、筆者が経験から学んだ便利な使い道を紹介しますので、実用的な知識を身に付けていただければ幸いです。

OneNote の基本、どんな使い道がある?

それでは、OneNote の基本的な使い方として、どんな使い道があるのかを説明します。非常に応用範囲が広野で、まず5つの使い道をご紹介します。

OneNoteをメモ用紙の代わりに使う。

OneNoteをメモ用紙の代わりに使う場合は、タスクバーにアイコンをピン止めしておいてください。そうすれば、いつでもすぐにOneNoteを起動できます。(なんだったら起動しっぱなしでもよいと思いますよ。)

起動したOneNoteのどのノートに記述するかですが、「クイックノート(2010:落書きノート)」の新しいページに書き込むと便利です。これは、とりあえず何か記述したいときに使うノートです。もちろん「メモ用紙」というノートをあらかじめ作っておいてもOKですよ。

そして、大事なのはこの後です。なぜなら、用事が済んだ後のページをどのように扱うかで、ノートの質が決まるからです。ノートは整理されていないと、後から見返す気が起こらなくなって、メモを取る意味がなくなってしまいます。

では、どういう方針で扱うかというと、

  • 単なるメモ…「そのまま」または「削除する」のどちらでもよいです。
  • 重要なメモ…「別に用意したノートに移動する」べきでしょう。

「クイックノート」は、あくまで臨時に書き込むための存在と考えます。

具体的な操作方法

  • メモを取ったページのページタブを右クリックして[切り取り]
  • 移動したいノートのページで右クリックして[貼り付け]

こうすると簡単にページを移動することができます。

※ こちらのページが参考になります。

OneNote がメモ帳の代わりになるのかどうか説明しました。Windows に標準で入っているメモ帳が不便だと感じることがある方に、読んでいただきたい内容です。OneNote の機能をうまく使うことで不便が解消できることが分かりますよ。

OneNoteを共有して効率よく使う。

OneNoteは自分のパソコン(ローカル)に保存しておくよりは、サーバーやOneDriveに保存しておくほうが、明らかに便利です。つまりクラウド的な使い方が良いということです。

例えば学校の場合は...

  • 校内サーバーの自分用フォルダにOneNoteのノートブックを保存します。
  • 職員室の自分のパソコンでノートブックを開いて資料を作成。
  • 授業では教室においてあるパソコンでサーバーのノートブックを開く。
  • すると、瞬く間にさっき作った資料が表示される。

こんな感じです。

これを校内サーバーではなくOneDriveに保存すれば、自宅で資料作成しても、ちゃんと反映されるわけです。

この使い方の良いところは、ファイルを持ち運ばないという点です。USBメモリなどで持ち運んでしまうと、忘れてしまって資料作りができなかったり、紛失する恐れがあります。でも、OneDriveはクラウドだからそれがないんですよ。

参考
社内や校内のサーバーで共有しているフォルダは「ネットワークドライブ」設定をすると便利です。ドライブ番号が割り当てられて、ローカルドライブとして扱えるようになるからネットワークを意識しなくて済みますよ。

OneNote のノートを共有する方法を説明します。ノートを便利に共有したいとお考えの方に目を通していただきたい内容です。OneNote 独自の『共有』の方法について説明しただけでなく、何ができるのかも解説しています。

OneNoteをプレゼンテーションに使う。

みなさんプレゼンテーションといえば、せ~の

「PowerPoint!

と声をそろえて答えると思います。それくらい、プレゼンテーションには PowerPoint のイメージが強いでしょうね。でもね、あえてOneNoteをプレゼンテーションで使ってみてください。派手なアニメーションはないけれど、書き加えながら説明できるので、説得力が全然違いますよ。

また、説明しながら資料に手が加えられるということは、資料を作りながら説明できるということです。だから、下準備が大幅に減って、時間の短縮にとても役立ちます。例えば、画像や基本的な資料だけページに貼り付けておいて、後は説明しながら文章を書けばいいんですね。

きっと見ている側も、新鮮に感じて強く印象に残りますよ。そして、資料が足りないと思ったら、すかさず Excel の表やインターネットの情報を表示し、『画面の領域』機能で切り取って、ページ内容を捕捉します。これが資料を作りながら説明するところの面白さなんです。

※ こちらのページが参考になります。

OneNote の活用事例です。プレゼンテーションに使う方法をご紹介しました。パワーポイントを使っている方で、「もっとうまい方法がないかだろうか?」と思っている方はぜひご覧ください。OneNote なら一味違ったプレゼンができますよ。

OneNoteをホワイトボード代わりに使う。

先ほど、プレゼンテーションに使うことをご紹介しましたが、これを応用すれば、ホワイトボード代わりになります。これは、タブレットPC・ OneNote ・プロジェクターを用意すると実現できます。タブレットPCでOneNoteに手書きする様子を、プロジェクターに表示するだけです。

こうすることで、ホワイトボードの代わりになります。では、なぜホワイトボードをOneNoteでわざわざ置き換えるのかというと、ホワイトボード最大の弱点を克服できるからです。それは、『記録が残せない』という問題が解決できることです。

最初からOneNoteに書き込めば、そのまま記録しているので、使い終わった後に何もしなくていいんですね。OneNoteをホワイトボード代わりにすると、大幅に作業量を減らせるんです。

※ こちらのページが参考になります。

本当にOneNoteがホワイトボード代わりになるんでしょうか? そこで、どのような使い方をすると代わりになるのか、またOneNoteに置き換えるメリットがなんなのかをご紹介します。

OneNoteをデータベース代わりに使う。

OneNoteをデータベース代わりに使うこともできます。「ノートアプリにそんなことできるの?」と思われるかもしれませんが、できるんです。なぜなら、OneNoteには強力な検索機能が付いているからです。どこでもちょっとメモしておけば、それを後から検索できるんですね。

OneNoteには表を作成できる機能が付いているので、データを整然と並べておけば、それで十分データベースとして機能します。あとは、キーワードを検索ボックスに入力して検索するだけです。すると必要なデータに簡単にアクセスできます。もちろん、手書き文字も検索しますよ。

こうすれば、ありとあらゆるものがデータベース化できるので、ちょっとしたビッグデータのような扱い方もできるんじゃないでしょうか。OneNoteは、アイディア次第で可能性が広がるんですよ。

※ こちらのページが参考になります。

OneNote は優秀なデータベースであることを紹介しました。簡単で使いやすいデータベースを探している方にぜひ読んでいただきたい内容です。OneNote がデータベースとして活用できる理由と、具体的な使い方を詳しく説明しました。

まとめ

いかがでしたか?

OneNoteの使い方ー基本編として、説明しました。OneNoteをメモ用紙の代わりに使う、OneNoteを共有して効率よく使う、OneNoteをプレゼンテーションに使う、OneNoteをホワイトボード代わりに使う、OneNoteをデータベース代わりに使う、などのポイントがありました。

これで、OneNoteの基本が、少しわかったのではないでしょうか。使い道が理解できたことで、積極的にOneNoteを使いたくなってきたんじゃないでしょうか? でも、ここで紹介したのは、あくまでも、ほんの一部の使い方です。工夫次第で、もっといろいろなことができますよ。

なお、OneNoteは応用範囲が非常に広いアプリなので、ここでは説明しきれていません。さらに便利な使い方も説明していますので、他のページもお見逃しなく!

以上、『OneNoteの使い方ー基本編』と題して説明しました。

スポンサーリンク