OneNote の保存方法とは?

保存

OneNote保存方法について説明しました。「OneNote の保存がよく分からないんだけど、どうなっているの?」と思っている方はぜひご覧ください。保存方法だけでなく、OneNote では保存をどう扱っているのかという概念についても解説しました。

保存方法はとても簡単です

あなたは、OneNote を使い始めてすぐに「どうやってファイルを保存するんだ?」と思った経験がありませんか? みなさんは普通の『保存』については知っていると思いますが、OneNote には独特の保存の仕方があるんですよ。少なくとも普通の保存とは別物なんです。

そこで、保存について詳しく説明したので、OneNote でのファイルの扱い方が分かりますよ。

OneNoteの保存とは?

OneNoteには『保存』がありません。

「えっ? せっかく作ったものが消えるじゃないか!!」

と思われた方、もちろんそんなことはありませんよ(笑)。

そもそも OneNote には保存という概念がなくて、その代わりに『同期』という方法で記録されるようになっているんです。つまり、勝手に保存していると考てもらって構いません。ノートの内容を更新したり、OneNote を終了したりすると自動的に同期、つまり保存作業を行うんですよ。

具体的な保存方法は?

具体的には、初めて OneNote を使うときにファイル(ノートブック)に名前を付けて保存します。そしてそれ以降はこのノートブックに同期しながら内容を更新していくんです。

新しいノートブック

このとき、ノートブックの保存場所はローカルディスク(マイコンピューター)上でもいいし、サーバー(ネットワーク、Web)上でもいいです。サーバーに置いた場合でも、勝手に同期されますよ。

また、OneDriveやDropBoxのように、インターネット上のドライブでありながらローカルドライブのように使うことができるものでもOKですよ。(ネットワークなのかローカルなのかは自動的にOneNoteが判別しています。)

ローカルにはキャッシュを持っているので、途中でネットワークが切れてしまっても後でつなげば、ちゃんと内容が同期されるからとても安心なんです。

キャッシュファイルの場所

ちょっとした応用

同期機能を応用すれば、普段ネットワークにつながっているOneNote入りのパソコンを外へ持ち出すのがとても簡単になりますよ。やり方はとても簡単で、そのまま持ち出してメモを取ってくればいいだけなんです。

そして、再びネットワークにつなげば自動的に同期されるので、OneNoteのファイルにちゃんと保存されます。だから、特に何も考えなくていいんですよ。(本当は、何も手出しできないというのが正しいんですけどね。)

まとめ

このように通常の概念とは違った動きをしているのがOneNoteなんです。また、ネットワークへ接続できなくてもそのまま継続して使用できるのが他のソフトウェアと大きく違うところですね。

OneNoteなら、保存やネットワークの有無に影響を受けることなく作業が行えるので、仕事での利用にとても便利で効率的なんですよ。

以上、『OneNoteの保存方法とは?』と題して説明しました。

おまけコラム

なんで『保存』じゃないんだろう?

OneNoteはデジタルノートです。したがって、紙のノートでは保存という概念がないのと同じ感覚にしたいんでしょうね。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク