OneNote をPDFに保存するには?

OneNote でPDF、知っておきたい7つのポイント。

OneNotePDFに保存するときのポイントを説明します。読者対象は、OneNoteのノートをPDFに保存したい方です。PDFへの保存方法だけでなく、使いこなし方や、OneNoteに貼り付ける方法もわかりやすく紹介しています。

OneNote をPDFに保存する意味とは?

OneNoteは非常に便利なアプリですが、まだまだ使っている方は少ないので、データを誰かに渡そうとした時に、戸惑ってしまうことがあると思います。そんな時は、PDF に保存することで、データを渡すことができます。こうすればやり取りできますよね。

つまり、PDFに保存する方法を知るということは、OneNote ユーザーがOneNote を持っていない方にデータを渡すことができる方法を、知る意味があります。しかし、使いこなすには、PDFのデータをOneNoteに貼り付ける方法も知っておくべきでしょう。

そこで、PDFへの保存方法を詳しく説明しますが、その後に、ノートブックに貼り付ける方法についてもご紹介しましょう。

OneNote をPDFに保存し、活用するときのポイント!

それでは、OneNoteをPDFに保存し、活用するときのポイントを説明します。PDFをOneNoteに貼り付ける使い方についても紹介していますので、じっくりと目を通してください。

OneNoteをPDFに保存する方法と手順。

OneNoteをPDFに保存する方法を説明します。これは非常に簡単で、エクスポート機能を使ってPDFファイルとして保存するだけです。手順は次の通りです。

  1. 保存したいページを開く。
  2. [ファイル]をクリック。
    ファイルタブ
  3. [エクスポート]をクリック。
    OneNote ファイルメニュー
  4. [ページ・セクション・ノートブック]から保存したい対象を選ぶ。
    OneNote エクスポート
    ページ…………現在のページのみを保存。
    セクション……現在のページが含まれるセクション全体を保存。
    ノートブック…現在のページが含まれるノートブック全体を保存。
  5. 「形式の選択」で[PDF(*.pdf)]をクリックして選択。
  6. [エクスポート]ボタンをクリック。
  7. 保存する場所を選び、ファイル名を付けて[保存]をクリック。
  8. 選択した対象がPDFとして保存される。

これで、OneNoteがPDFとして保存されました。簡単にPDFで保存できますね。

市販のPDF作成用の、仮想プリンタで保存する方法もありますが、ページ単位の保存しかできませんので、ご注意ください。

PDFで保存すると、どんな使い方ができる?

PDFで保存すると、どんな使い方ができるのでしょうか? 最初にお話しした通り、OneNoteを持っていない方に対して、データを渡すことができるという点が大きいでしょう。USBメモリで渡してもいいし、メールに添付してもいいと思います。

重要なのは、表示が崩れることなく、同じ見た目のものを渡すことができる点です。つまり、フォーマット変換していると言えるんです。OneNoteで作った資料や書類をPDFにしておけば、公の書類としても活用できるのではないでしょうか。

もちろん、PDF以外の Word や Webページとしての保存も可能です。とりあえず、OneNote で記録を残しておけば、そのあとどのようなフォーマットにも変換できるというわけですね。非常に活用の幅が広がるのではないでしょうか。

参考:OneNoteにPDFを貼り付けると、どんなことができる?

ここで、OneNoteにPDFを貼り付ける方法をご紹介しましょう。保存のような出力とは逆で、PDFのデータを取り込むということです。つまり、何らかの加工ができるということなので、知っておくと応用範囲が広がって、さらに便利に使えると思いますよ。

ノートにPDFを貼り付ける方法。

ノートにPDFを貼り付ける方法をご紹介します。すべてはここから始まりますので、ご存じない方はしっかりと目を通して、やり方を理解してください。

OneNote にPDFを貼り付ける方法を説明しました。OneNoteのノートにPDFを貼り付けて、活用したい方に適しています。基本となる貼り付け方と、裏ワザ的に貼り付ける方法の、両方について説明しているからです。

PDFに書き込みする方法。

貼り付けたPDFデータへ、書き込みする方法です。PDFに対する加工の、基本と言えるでしょう。ぜひやり方を身につけてください。

OneNote のPDFに書き込みたいときの方法を説明しました。OneNoteに貼り付けたPDFに、何らかの書き込みをしたい方に適しています。書き込みの方法だけでなく、ちょっとしたコツや使い道についても説明しているからです。

貼り付けたPDFを回転する方法。

貼り付けたPDFデータを回転する方法です。PDFを回転することはあまりないかもしれませんが、実は、基本的には不可能なんです。そこで、一工夫して回転する方法を説明しました。知っておけばいつか役に立つかもしれませんよ。

OneNote でPDFを回転する方法を説明しました。OneNoteのノートに貼り付けたPDFを、回転したい方に適しています。本来はできないPDFの回転を、2段階の手順に分けることで、実現する方法を説明しているからです。

貼り付けたPDFを検索する方法。

貼り付けたPDFを検索する方法です。基本的には極めて簡単に検索できるんですが、ほとんどの場合うまくいきません。そこで、確実な方法をご紹介しましたので、ぜひ一読しておいてください。

OneNote のPDFを検索する方法を説明しました。OneNoteに貼り付けたPDFデータを検索したい方に適しています。PDFの検索方法を説明しただけでなく、検索の際に知っておくべき、重要なコツも解説しているからです。

貼り付けたPDFに手書きする方法。

貼り付けたPDFに手書きする方法です。これも非常に簡単なんですが、知っておかないとスムーズに手書きできない場合があります。そこで、手書きの際のポイントを説明しましたので、一通り目を通しておいて損はないと思いますよ。

OneNote でPDFに手書きする方法を説明しました。OneNote をタブレットでお使いの方で、PDFに手書きしたい方に適しています。手書きの仕方だけでなく、どのような使い道があるのか、実体験をもとにした事例も説明しているからです。

まとめ

いかがでしたか?

OneNoteをPDFに保存する方法を説明しました。OneNoteをPDFに保存する方法と手順、PDFで保存するとどんな使い方ができる、OneNoteにPDFを貼り付けるとどんなことができる、などのポイントがありましたが、参考になりましたでしょうか。

繰り返しになりますが、PDFに保存するということは、OneNoteを持っていない方に対しても、データを渡すことができるということです。したがって、自分だけがOneNoteを使っているような状況でも十分対応できます。データ共有ができないという懸念無く、使うことができるでしょう。

また、PDFを貼り付ける方法についても説明しましたので、保存と併せて理解すれば、PDFについては完全に網羅できるでしょう。ぜひ、PDFをOneNoteで活用していただければ幸いです。

以上、「OneNote をPDFに保存するには?」と題して説明しました。

スポンサーリンク