OneNote の使い方ー基本編

OneNote の使い方ー基本編

下準備編を読めば、とりあえず OneNote が使えるようになります。でも、使いこなせるようになるかといえば、かなり苦労すると思います。そこで、筆者が経験から学んだ便利な使い方を紹介するので、実用的な知識が身に付きますよ。

OneNote はどんなことに使える?

OneNoteの使い方ー基本編をご紹介します。OneNoteの使い方は分かったけど、どんなことに使えるのかわからないという方にはとても参考になります。しっかり読めばどんな使い道があるのかが分かりますよ。

OneNoteをメモ用紙の代わりに使うには?

OneNoteをメモ用紙の代わりに使う場合は、タスクバーにアイコンをピン止めしておいてください。そうすれば、いつでもすぐにOneNoteを起動できます。(なんだったら起動しっぱなしでもよいと思いますよ。)

起動したOneNoteのどのノートに記述するかですが、「クイックノート(2010:落書きノート)」の新しいページに書き込むと便利です。これは、とりあえず何か記述したいときに使うノートです。もちろん「メモ用紙」というノートをあらかじめ作っておいてもOKですよ。

そして、大事なのはこの後です。なぜなら、用事が済んだ後のページをどのように扱うかで、ノートの質が決まるからです。ノートは整理されていないと、後から見返す気が起こらなくなって、メモを取る意味がなくなってしまいます。

では、どういう方針で扱うかというと、

  • 単なるメモ…「そのまま」または「削除する」のどちらでもよいです。
  • 重要なメモ…「別に用意したノートに移動する」べきでしょう。

「クイックノート」は、あくまで臨時に書き込むための存在と考えます。

具体的な操作方法

  • メモを取ったページのページタブを右クリックして[切り取り]
  • 移動したいノートのページで右クリックして[貼り付け]

こうすると簡単にページを移動することができます。

OneNoteを効率よく使うには?

OneNoteは自分のパソコン(ローカル)に保存しておくよりは、サーバーやOneDriveに保存しておくほうが、明らかに便利です。つまりクラウド的な使い方が良いということです。

例えば学校の場合は...

  • 校内サーバーの自分用フォルダにOneNoteのノートブックを保存します。
  • 職員室の自分のパソコンでノートブックを開いて資料を作成。
  • 授業では教室においてあるパソコンでサーバーのノートブックを開く。
  • すると、瞬く間にさっき作った資料が表示される。

こんな感じです。

これを校内サーバーではなくOneDriveに保存すれば、自宅で資料作成しても、ちゃんと反映されるわけです。

この使い方の良いところは、ファイルを持ち運ばないという点です。USBメモリなどで持ち運んでしまうと、忘れてしまって資料作りができなかったり、紛失する恐れがあります。でも、OneDriveはクラウドだからそれがないんですよ。

※参考
社内や校内のサーバーで共有しているフォルダは「ネットワークドライブ」設定をすると便利です。ドライブ番号が割り当てられて、ローカルドライブとして扱えるようになるからネットワークを意識しなくて済みますよ。

OneNoteをプレゼンテーションで使う

みなさんプレゼンテーションといえば、せ~の

「PowerPoint!

と声をそろえて答えると思います。それくらい、プレゼンテーションにはPowerPointのイメージが強いでしょうね。

でもね、あえてOneNoteをプレゼンテーションで使ってみてください。派手なアニメーション効果は使えないけれど、タブレットPCなら手書きしながら説明できるので、説得力が全然違いますよ。

また、説明しながら資料に手が加えられるから、いうなれば資料を作りながら説明できるんです。だから、下準備が大幅に減って、時間の短縮にとても役立ちます。

例えば、画像や基本的な資料だけページに貼り付けておいて、後は説明しながら文章を書けばいいんです。きっと見ている側も新鮮に感じて強く印象に残りますよ。

そして、資料が足りないと思ったら、すかさずExcelの表やインターネットの情報を表示し、『画面の領域』機能で切り取ってページ内容を捕捉します。これが資料を作りながら説明するところの面白さなんです。

もちろん、このプレゼンテーションはプロジェクターや大画面で表示することで、より効果的になりますよ。つまり、電子的なホワイトボードだと考えてもらえば、分かりやすいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

OneNoteがどんなことに使えるのか、少しわかったのではないでしょうか。でも、ここで紹介したのは、あくまで一般的な使い方です。工夫次第でもっといろいろなことができます。さらに便利な使い方もありますので、ほかのページもお見逃しなく!

以上、『OneNoteの使い方ー基本編』と題して説明しました。

記事はお役にたちましたか? 当サイトの記事はたくさん(⇒ 全ページの一覧)あるのでいっぺんに読もうとせず、お気に入りに登録して数回に分けて御覧になることをお勧めします。

スポンサーリンク
関連ページ
スポンサーリンク